『関ヶ原』 2017年08月27日(日)23:22:30

豊臣秀吉の死(1598年9月18日)から
石田三成 VS 徳川家康 の天下分け目の
関ヶ原の戦い(1600年9月15日)に至るまでの過程を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞

原作:司馬遼太郎 上映時間:149分
豊臣秀吉(滝藤賢一)1598年9月18日死去
 正室 北政所(キムラ緑子)秀吉と共に尾張弁が濃い
 側室 淀殿(和田菜々)
 大老 前田利家(西岡徳馬)1599年4月27日没
 「将の上の将になるには、純粋すぎるやもしれぬ」

西軍 8万
石田三成(岡田准一)幼少期に出した3通りのお茶で秀吉に召し抱えられる
 旗印:“大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)”
 「1人が万民の為に、万民は1人の為に尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」
 盟友 大谷刑部(大場泰正)目の病い 攻められ自害
 腹心 島左近(平岳大)撃たれて死んだかと思ったら違った
  妻 花野(中越典子)女医
  幼馴染み 妙善尼(壇蜜)てっきり奥さんかと思った
初芽(有村架純)伊賀の忍 大野智の『忍びの国』じゃ
 赤耳(中嶋しゅう)らに襲われ離脱

家臣
 八十島助左衛門(堀部圭亮)
 島信勝(山村憲之介)

援軍
 宇喜多秀家(生島翔)
 増田長盛(中村育二)
動かぬ陣営
 小早川秀秋(東出昌大)
 島津惟新入道(麿赤児)-甥 島津豊久(三浦誠己)
  柏木源藤(原田遊人)中馬大蔵(松島圭二郎)長寿院盛淳(たかお鷹)
毛利輝元
 外交 安国寺恵瓊(春海四方)
上杉景勝(辻本晃良)
 重臣 直江兼続(松山ケンイチ)ちょっと出の儲け役

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『関ヶ原』 人物相関図

東軍 10万
徳川家康(役所広司)あの太鼓腹はCGか
 腹心 本多正信(久保酎吉)
 重臣 井伊直政(北村有起哉)
 四男 松平忠吉(吉村界人)
蛇白 → 阿茶(伊藤歩)伊賀の忍び 家康の盾となって死ぬ
家臣 本多忠勝(天乃大介)
   毛谷主水(橋本じゅん)敵数15,000人と進言

七人党
福島正則(音尾琢真 TEAM NACS)
加藤清正(松角洋平)黒田長政(和田正人)
細川忠興(関口晴雄)

柳生家
 柳生宗厳(辻萬長)
 宗矩(永岡佑)-小早川秀秋へ
語り部(ナレーション)(木場勝己 『家族はつらいよ』カルチャーセンター講師役)

【 管理人のひとこと 】
 母衣(ほろ) = 武将が馬上で背中にしょってる大きな袋
 西軍 赤/東軍 黒 でした。
 本陣と前線とを行き来する連絡係が着用
  ・ 敵味方から識別し易くするため
  ・ 背後からの矢を防ぐ



 石田三成が本戦後、生き延び後日、家康に捕まったというのは
 史実なのか、フィクションなのか 歴史に疎い管理人には??

 昨年5月に行った岡崎城では、三河武士のやかた 家康館にて
 屏風ビジョン「決戦!関ヶ原」を常設展示しており、参考になると思う。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 岡田准一 役所広司 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年09月13日(水)22:47:58 このページのトップへ

トラックバック [1件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『関ヶ原』('17初鑑賞98・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月29日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:45の回を鑑賞。

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

>みはいる・Bさん

TB有難うございました。
群像劇が得意な原田眞人監督ならではの作品。
歴史に疎い管理人みたいな人は、東西の大まかな武将の名前は
予習しておいた方が良い。逆に、余分な既成概念がないから
岡田”三成”は、すんなり受け入れられた。

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事一覧
『地味にスゴイ! DX校閲ガール・河野悦子』 2017/09/20
『ホワイトアウト(2009)』 再見 2017/09/19
『だれかの木琴』 2017/09/18
『ゴッド・スピード・ユー! 』 2017/09/17
米俳優 ハリー・ディーン・スタントン 死去 2017/09/16
『Seventh Code セブンス・コード』 2017/09/15
『古都(2016)』 2017/09/14
長沢芦雪展 2017/09/14
「お気に入り」を上まで移動する方法 (IE11) 2017/09/13
『最終兵器 ムスダン』 2017/09/13
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第97位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第42位
アクセスランキングを見る>>