『ターザン:REBORN』 2017年06月25日(日)12:05:56

ターザン:REBORN
ジャングルから帰還し、貴族となった嘗てのターザンが、
攫われた愛妻を救う為、再び野生の血を蘇らせる...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Legend of Tarzan
舞台:19世紀末 ロンドン → アフリカ コンゴ(ベルギー国王レオポルド2世支配下)

ジョン・クレイトン卿(アレキサンダー・スカルスゲールド)
 産まれて間もなく、海難事故に巻き込まれ、コンゴのジャングルで
 動物たちに野生児ターザンとして育てられ、帰国後家督を継いで貴族となる。
 妻 ジェーン(マーゴット・ロビーフォーカス』)
アメリカ特使 ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ博士(サミュエル・L・ジャクソン)

レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)ダイヤモンドの利権の為、ムボンガ首長と取引
 レオポルド2世の腹心 ターザンを誘き出す為、ジェーンを人質に
 クバ族 族長ムヴィロ(ユール・マシテン)
  若手ワシンブ(シドニー・ラリースェール)檻の中

首長ムボンガ(ジャイモン・ハンスウ)息子をターザンに殺され恨む
 ターザンは、育ての母ゴリラ カーラ(マデリーン・ウォーロール)をその息子に殺されていた
 兄弟ゴリラ アクート(マット・クロス)

ボマ港
 ロム 銀行家フラム(サイモン・ラッセル・ビール)に傭兵2万を手配
  蜘蛛の糸アクセサリーを武器に
 ウィリアムズ 機関銃掃射
 ターザン ジェーンを救出 ロム ワニの餌食に

ラスト
 クバ族宅で ジェーン出産 ... ターザン二世!?



【 管理人のひとこと 】
 多勢に無勢 ターザンが形勢不利だが...
 百獣の王ターザン 野生動物を総動員して反撃
 ゴリラ(マンガニ)以外にも、ダチョウ、ゾウ、カバ、
 街を飲み込むアメリカンバッファロー、ライオン、ワニ

 お決まりの雄叫び「あーあああー!」も聞かれます。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 マーゴット・ロビー クリストフ・ヴァルツ  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『オフィス 檻の中の群狼』 2017/07/20
『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』 2017/07/19
『パリ・エキスプレス』 2017/07/18
『ハドソン川の奇跡』 2017/07/17
『造られた殺人』 2017/07/17
『ラスト・クライム 華麗なる復讐』 2017/07/17
『うつくしいひと』 2017/07/17
『教授のおかしな妄想殺人』 2017/07/16
『隻眼の虎』 2017/07/15
『四月物語』 2017/07/15
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第55位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第26位
アクセスランキングを見る>>