『チリ33人 希望の軌跡』

チリ33人 希望の軌跡
落盤事故により生き埋めになり、
懸命な救出活動により69日ぶりに
奇跡の生還を果たした33人の姿を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The 33
舞台:2010年8月5日 チリ コピアポ近郊 アタカス砂漠 サンホセ鉱山(1889年操業)
整備場 地下518m 32℃ 避難所 地下700m

落盤事故 メガストーン(エンパイア2個分)
”ここに33人がいた。 8月5日~10月13日 神と一緒に”
生存者33人 食糧備蓄3日間 69日後に全員救出

民間鉱山 所有者:ボーン、ケメニー
責任者:カスティージョ 改善取り合わず 25年で5回落盤見、生存者0名

被害者
ドン・ルチョ(ルー・ダイアモンド・フィリップス)安全管理者
 カスティージョに改善要求
 ルー・ダイアモンド・フィリップス 久々!! 好演 バンデラスより役得

マリオ・セプルベダ(アントニオ・バンデラス)振替勤務申し出 勤務歴46年
 災害現場を仕切る 高額報酬の出版依頼を断る
 妻カティ 娘マヌエル

アレックス(マリオ・カサス)
 妻ジェニー 妊娠女の子エスペランサ出産
ジョニ
 妻マルタ(アドリアナ・バラッザ) 愛人スサナ(エリザベス・デ・ラッゾ)隣人
ダリオ(フアン・パブロ・ラバ) アル中 姉と絶縁
 姉マリア・セゴビア(ジュリエット・ビノシュ)鉱業大臣に直訴
 救助のヒント ”ミスに学べ”
カルロス・ママニ(テノッチ・ウエルタ) 唯一のボリビア人
ジェフ・ハート(ジェームズ・ブローリン)
エルヴィス 牧師

政府側
 ピニェラ大統領(ボブ・ガントン)救助段階で現場登場の良いとこ取り
 ロレンス・ゴルボルン(ロドリゴ・サントロ)鉱業大臣 就任4ケ月
 アンドレ・ソウガレット(ガブリエル・バーン)鉱山のプロ 大統領から勅命
 ドン・フランシスコ 現場報道キャスター

エンドロール
 実際に被害に遭った人々の現在を映し出す
 作曲家ジェームズ・ホーナー(1953年8月14日 - 2015年6月22日 61歳没)に捧げる

【管理人のひとこと】
 救出順
 ① アレックス ② マリオ ... ラスト ルチョ
 マリオらが早い順番だったのが、意外だった。
 途中で、シャトルが壊れたら助からない状況 誰でも我先に乗りたいだろうに

 最初の備蓄食糧だけで、16日間も持ち応えるなんて、これこそ奇跡
【スポンサーリンク】


【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 アントニオ・バンデラス ガブリエル・バーン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



最新記事一覧
『ウホッホ探険隊』 2017/04/28
お伊勢さん菓子博2017 2017/04/27
『ザ・コントロール』 2017/04/26
テンプレートの変更 2017/04/25
『逃がれの街』 2017/04/24
「グレース・ケリー展」 2017/04/23
『会社物語 MEMORIES OF YOU』 2017/04/21
『殺人の輪廻』 2017/04/20
『俺っちのウエディング』 2017/04/19
今野 敏 著 『回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』 2017/04/18
週間人気記事
カテゴリ&月別一覧
 
Trackback
FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第52位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第17位
アクセスランキングを見る>>