『キャロル』 cinema-daysに拍手する

2017年 03月 02
キャロル
優雅な人妻に魅せられた若い女性の禁断の恋の行方を
切なくも艶やかに描き出した感動の恋愛ドラマ。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:パトリシア・ハイスミスが初刊行時には別名義で発表したベストセラー小説

舞台:1952年の歳末

テレーズ・ベリヴェット(ルーニー・マーラ
 デパートのおもちゃ売り場店員 写真家志望
 恋人リチャード(ジェイク・レイシー)

キャロル・エアード(ケイト・ブランシェット
 夫ハージ(カイル・チャンドラー)離婚協議中
 娘リンディ(4)の親権争い

クリスマスプレゼントに鉄道模型購入
 置き忘れた手袋を自宅に送付 お礼に昼食
プケーレゼント交換
 キャロルからカメラ・フィルム
 テレーズからビリー・ホリディのレコード

道徳的条項
 アビーおばさん(サラ・ポールソン)5-6年前
西へ米大陸横断ドライブ旅行
 アイオワ州ウォタールー 探偵追跡 証拠抑える

キャロル&テレーズ 一旦別れ
 テレーズ タイムズ紙手伝い
 キャロル 親権を諦め、面会権のみ請求

【管理人のひとこと】
 見所は二人の妖艶な関係性

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (3件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. 承認待ちコメント【CM:NO.7005】
    このコメントは管理者の承認待ちです
  1. >真紅さん【CM:NO.7008】
    TB有難うございました。
    やっぱり、キャロルが手袋を置き忘れたのは、意図的だったのだろうか??
  1. >オリーブリーさん【CM:NO.7009】
    TB有難うございました。
    主演二人の丁寧な撮り方が秀逸でした。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ...
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作はパ トリシア・ハイスミス、監督は 『アイム・ノット・ゼア』 ...
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに誘われるが…。 「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが別名で発表した小説を...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  H29年2月鑑賞メーター       HOME     第40回日本アカデミー賞(2016年度)