『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』 cinema-daysに拍手する

2017年 02月 13
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
悪の天才レックス・ルーサーが策略を巡らし、
スーパーマンとバットマンを対決させる...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Batman vs Superman: Dawn of Justice

DCコミックの2大ヒーロー バットマンとスーパーマンが激突!上映時間は152分の長尺
ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーラン製作総指揮
マン・オブ・スティール』のザック・ナイダーが監督 キャストは「マン・オブ・スティール」を引き継ぐ

クラーク・ジョゼフ・ケント(ヘンリー・カヴィル)=スーパーマン
 養父ジョナサン・ケント(ケヴィン・コスナー)カンザスで農場経営
 養母マーサ(ダイアン・レイン)
 議員ジューン・フィンチ(ホリー・ハンター)スーパーマンを証人喚問中、爆死

デイリー・プラネット社
 ペリー・ホワイト編集長(ローレンス・フィッシュバーン)
 ロイス・レイン記者(エイミー・アダムス
 同僚ジェニー(レベッカ・ブラー)

ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)=バットマン
 亡き母マーサ・ウェイン(1946-1981)ケントの育ての母と同じ名前なのだ!!
 執事アルフレッド(ジェレミー・アイアンズ)
 メトロポリタンでのスーパーマンと宿敵ゾッド将軍(マイケル・シャノン)の死闘の巻き添えで
 所有ビルを破壊され、ジャックら多くの社員の命を失った。
ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)=ワンダーウーマン

レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)
 レックス・コープの社長 皆見アフリカで傭兵使う レイン被弾
 ウォレス・キーフ(スクート・マクネイリー)スーパーマンを「偽りの神」だと説く

 レインを使ってスーパーマンを呼び寄せ、マーサを人質にスーパーマンを利用
 世紀の対決 スーパーマン VS バットマンが実現 (二人が出会うまでに1時間経過)
 クリプトンの息子 VS ゴッサムシティのコウモリ 普通に考えれば異星人の方が強いと思う

 レインが仲介 二人でルーサーに挑む
 ルーサーはゾッド将軍=ドゥームズデイ(キングコングかハルク的怪物)を蘇らせる
 ドゥームズデイ VS スーパーマン バットマン ワンダーウーマン
 スーパーマン逝く おぉ~スーパーマンが死んじゃう驚きの展開

【管理人のひとこと】
 ウェインの言う仲間たち、丸坊主にされた囚人ルーサーの言う奴とは??
 ケントを納めた棺に掛けられた土も微妙に動いてたし...

 製作中のヒーロー集結映画『ジャスティス・リーグ』(2017年冬公開予定)への布石
 DCコミック版”アベンジャーズ”(MARVELのアベンジャーズみたいな展開なんでしょうね。)
 でも、アベンジャーズに比べ、内容・キャラがゴッサム過ぎ(暗過ぎ)

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『世界遺産・知床をゆくチームナックス5人旅』      HOME     『沈黙の帝王』