『砂上の法廷』 cinema-daysに拍手する

2017年 02月 06
砂上の法廷
大物弁護士が自宅で殺害され、容疑者として
逮捕されたのは、17歳の息子だった。
完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けるが...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Whole Truth

あなたに見破れるか?ラスト11分に明かされる衝撃の真実!
キアヌ・リーヴスが不利な裁判に挑む敏腕弁護士を演じる法廷ミステリー

リチャード・ラムゼイ(キアヌ・リーヴス)担当弁護士
 「弁護士は皆選択を迫られる。真実の追及か、依頼人の利益か」
 アシスタント ジャネル・ブレイディ(ググ・ンバータ=ロー 注目 『幸せの教室』生徒役)
  著名弁護士ウォルターの娘 人の嘘を見抜く特技
 陪審コンサルタント ジャック(クリストファー・ベリー)こういうアシストの人もいるんだよね

被害者ブーン・ラシター(ジェームズ・ベルーシ)人身傷害分野の大物弁護士
 妻ロレッタ(レニー・ゼルウィガー)常習的に夫からDVを受ける
容疑者 息子マイク(17)(ガブリエル・バッソ)ニューマン高校3年
 リード大志望 父からスタンフォード大強制される

裁判 ルイジアナ州34地区高等裁判所
 ロビショー判事(リッチー・モントゴメリー) ジム・レブランク検事(ジム・クロック)
 犯行:2/4午後 第一級謀殺罪
被告人マイク 事件後完全黙秘
 証言「もっと早く、僕がこうすべきだった」
 12歳の時から、父親から暴行を受けていた

証人
 アンジェラ・モーリー(ニコール・バレ) チャーター機のCA
  キングバーグ副操縦士と不倫
 隣人アーサー・ウェスティン(ショーン・ブリジャース)
  息子アレクサンダー(マティー・リップタック)
 鑑識医(トーマス・フランシス・マーフィー)
 スコット捜査主任(ジェイソン・カークパトリック)

判決 陪審員全委員一致「第一級謀殺罪:無罪」
《 以下ネタバレ注意 》 ご覧の際は反転にて 
裁判中マイクが描いていたノートの落書き
 木の下首吊りロープ 腕時計=ラムゼイのもの
 ロレッタとラムゼイは不倫関係にあり、ブーンを殺害したのはラムゼイだった
 当初は、ロレッタを犯人に仕立て夫のDVを訴える作戦だったが
 マイクが母親を庇って犯人役を買って出たのであった


【管理人のひとこと】
 ラムゼイ弁護士がロープ際作戦(ロープ・ア・ドープ)で引用していた
 ジョージ・フォアマン VS モハメド・アリ戦(「キンシャサの奇跡」1974年10月30日)は
 管理人が中学時代、学校に行ったらクラスで皆がテレビ中継を見ていたのを思い出す。

 『ラ・ラ・ランド』のアカデミー賞受賞を公開当初から予見している映画ライター
 小西未来が『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』公開時に
 レニー・ゼルウィガーのおばちゃん化を指摘していたが、
 『かけひきは、恋のはじまり』(2008年)から9年ぶりくらいに見た彼女は
 別人みたいで、最初はどの役が彼女か判らなかった。


【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (3件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >yumemititiさん【CM:NO.6988】
    TB有難うございました。
    被告人が完全黙秘し、真犯人を庇っているお話よくありますが
    それを逆手にとる別の真犯人がいるとは...予測不能でした。
  1. >風子さん【CM:NO.6989】
    TB有難うございました。
    被告人が完全黙秘しているからと言って、進行順序を変えるなんて
    日本でも出来るんですかね...
  1. >りおさん【CM:NO.6990】
    TB有難うございました。
    >主人公が嘘をついていたら根底から崩れてしまう
    観客の視点となる主人公が犯人パターンは、製作態度としては反則ですよね。
    その傾向が顕著になったのはM・ナイト・シャマラン以降のような...

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

 キアヌ・リーブス主演の法廷サスペンスで、真相は予想付かなかったので楽しめました。ただ、なぜか本国アメリカではまだ公開されていないんですよね。日本でも小規模だしちょっと不思議。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:コートニー・ハント 出演:キアヌ・リ…
誰でも嘘をつく 公式サイト http://gaga.ne.jp/sajou 監督: コートニー・ハント 「フローズン・リバー」 資産家の大物弁護士が自宅で殺害され、17歳の息子マイク・ラシター(ガブリ
■ 新文芸坐にて鑑賞砂上の法廷/THE WHOLE TRUTH 2016年/アメリカ/94分 監督: コートニー・ハント 出演: キアヌ・リーヴス/レニー・ゼルウィガー/ググ・ンバータ=ロー/ガブリエル・バッソ/ジム・ベルーシ 公式サイト 公開: 2016年03月25日 弁護士のブーン・ラシターが自宅で刺殺体で見つかり、凶器に17歳の息子マイクの指紋が残っていたため、駆けつけた警...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『避暑地で魔が差して』      HOME     『嘘八百』製作