『ズーランダー NO.2』 cinema-daysに拍手する

2017年 01月 29
ズーランダー No.2
1年に6人のポップスターが”キメ顔”を残し
殺される事件が発生。インターポールは
引退したモデルに捜査協力を依頼するが....

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Zoolander 2

ベン・スティラーが製作・監督・脚本・主演を兼任した15年ぶりの続編。
舞台:ローマ 1年で6人のポップスターがキメ顔で殺される事件が発生
 冒頭、ジャスティン・ビーバーが体中被弾し”まどろみ”顔で絶命
 仲間へ「選ばれし者を守る」



インタポール ファッション課
ヴァレンティーナ(ペネロペ・クルス
 部下フィリッポ(ジョン・ダリ)
 DVD宅配者ビリー・ゼインに召集依頼

デレク・ズーランダー(ベン・スティラー)ニュージャージーで隠遁生活を送る元モデル
 キメ顔:マグナム ブルースティール
 子供学習センター倒壊
  妻マチルダ・ジェフリーズ(クリスティン・テイラー)本が崩れ事故死
  ライバル ハンセル 梁の下敷き右頬傷(仮面付け)
  息子デレク.Jr=太っちょファブリッオ
  養護施設ピッコロ・クリータスに収容 校長(ジャスティン・セロー)
ハンセル(オーウェン・ウィルソン)中東
 乱交サークル ・・・ キーファー・サザーランド ナタルカ(ジャーダン・ダン)ら妊娠(力士の姿も)
 ローマグループには、スーザン・サランドンがカメオ
 終盤、ステイングが父親だと明かされる

女帝アレクザーニャ(クリステン・ウィグ)
 ダン・アタリ(カイル・ムーニー)デザイナー
 オール(ベネディクト・カンバーバッチ)モデル
 二人はランウェイでプルーンをぶちまけられる引き立て役

黒幕ムガトゥ(ウィル・フェレル)=ムーグバーグ
 マレーシア首相暗殺未遂でファッション服役
 囚人の一人としてジョン・マルコヴィッチがカメオ
 子供学習センター倒壊はムーグバーグの手抜き工事が原因

インクレディ-ブル
 招待客:アナ・ウィンター アレキサンダー・ワン マーク・ジェイコブス
 トミー・ヒルフィガー ヴァレンティノら
 若さの泉 生贄の儀式
 スティーブの直系の子孫の心臓の生き血を飲めば、永遠の命が得られる
 スティーブの直系の子孫=選ばれし者=デレク.Jr

ムガトゥの犬の縫いぐるみ内の爆弾をキメ顔念動力で阻止
 デレクらの「マグナム」+デレク.Jrの「エルニーニョ」

エンドロール 原案ドレイク・セイザーに捧ぐ

【管理人のひとこと】
ベン・スティラーオーウェン・ウィルソン の共演は何と、14作目らしい
見所 キャット・ファイト
 ヴァレンティーナ(ペネロペ・クルス) VS カティンカ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
 カメオ出演を楽しむくらいのビデオスルー作品
見事! 第37回ゴールデン・ラズベリー賞 9部門ノミネート!!

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『誘拐捜査』      HOME      「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第 8弾