『心霊ドクターと消された記憶』 cinema-daysに拍手する

2017年 01月 16
心霊ドクターと消された記憶
愛娘を事故で亡くした精神分析医が診る
患者は20年前の列車脱線事故で亡くなった
亡霊たちだった...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Backtrack

ピーター・バウアー(エイドリアン・ブロディ)精神分析医
 妻キャロル(ジェニ・ベアード)
 愛娘イヴィー(エマ・オファレル) 眼を離した隙、交通事故死
 恩師ダンカン・スチュワート(サム・ニール)患者紹介

患者 = 亡霊
 フェリックス(ブルース・スペンス)ジャズ奏者
 エリカ・ジョージ(アンナ・リース・フィリップス)神経質 娘ベニー
 エリザベス・ヴァレンタイン(クロエ・ベイリス)ミッチェル高校
  定期券・人形・メモ「12787」=1987年7月12日
  一人だけ死因がはっきりしていない 脱線前から行方不明

故郷フォルス・クリーク
父ウィリアム(ジョージ・シェブソフ)元警官 巡査部長
 母 10年前に亡くなる
 幼馴染み バリー(マルコム・ケナード)14歳の時、自転車で覗きに出掛ける
  線路に自転車を置き忘れ脱線事故 → 未成年の過失行為
  だが、脱線の原因は別にあった
バーバラ・ヘニング(ロビン・マクリーヴィ)巡査長 = エリカの娘

1987年7月12日の脱線事故の真相 被害者47名
 《 以下ネタバレ注意 》 ご覧の際は反転にて 
父親ウィリアムが信号切替所でエリザベスを暴行
 死体を脱線した列車に遺棄
 一部始終を目撃した息子ピーターは自分の記憶を抹消したのだった

 バーバラをトラックに閉じ込め、後部座席にピーターを放り込んだ
 ウィリアムのパトカーは、エリザベスの亡霊に事故り、踏切で立往生
 間一髪でピーターがバーバラを救出 ウィリアムはエリザベスに憑かれお陀仏

 あの列車は幽霊列車だったのか、事故った後もそのまま走り去ってしまう

 それにしても、脱線した列車はミニチュア感たっぷりでした。

【管理人のひとこと】
 邦題が悪過ぎる。結構楽しめる作品なのにタイトルから見る気が消失する人も多いのでは...
 バリーの首吊りは本当に自殺だったのか??ウィリアムが偽装したとしてもおかしく無いくらい

 事故後、ピーターはバーバラと良い仲になるのかと思ったら、
 ピーターにはキャロルというれっきした奥さんがいたのを忘れてました(笑)

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (2件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >yumemititiさん【CM:NO.6976】
    TB有難うございました。
    父親の悪行がトラウマとなり、過去の記憶を隠蔽していたが、
    娘の死をきっかけに忌まわしい過去と対峙
    警官お父さんは、現役時代には常習的に悪さをしていたんでしょうね。
  1. >りおさん【CM:NO.6984】
    TB有難うございました。
    >もしかして、あれもウィリアムの仕業だったりして…
    私もその可能性は十分あると思います。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (2件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (2件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

 これ、邦題と予告でだいぶ損していると思います。主人公がおかしいのか、それとも霊的現象なのか、後半まで黙っていればドキドキしたのに、タイトルからして、「ホラーですよ」といってるし、予告でおいしいところ見せまくりだし。作品自体も雰囲気はいいけれど、飛び抜…
■ シネマ・ロサにて鑑賞心霊ドクターと消された記憶/BACKTRACK 2015年/オーストラリア/90分 監督: マイケル・ペトローニ 出演: エイドリアン・ブロディ/サム・ニール/ジョージ・シェヴソフ/ロビン・マクリーヴィー/クロエ・ベイリス 公式サイト 公開: 2016年05月14日 精神科医ピーター・バウアーは、交通事故で娘のイヴィーを亡くした痛手から立ち直れずにいたが、...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  第40回日本アカデミー賞ノミネート作品(2016年度)      HOME     『母と暮せば』