『本能寺ホテル』 2017年01月15日(日)01:48:14

婚約者に呼ばれて京都にやって来た元OLが
宿泊したホテルのエレベーターから戦国時代にタイムスリップ
天下統一を目前に控えた織田信長との「本能寺の変」の前日の
奇妙な遭遇を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞
倉本繭子(綾瀬はるか
 3月に勤めていた会社倒産 社会科教員免許を持つ
 婚約者 吉岡恭一(平山浩行)設計士
  父 吉岡征次郎(近藤正臣)料亭「よし岡」経営
  金婚式 昨年妻すみえ亡くす
  式典で今月末で「よし岡」閉店 大衆食堂から再出発を宣言
ホテル予約間違い フロントマン(宇梶剛士)予約は来月
探し当てた別のホテル「本能寺ホテル」
 支配人(風間杜夫)『プリティ・ウーマン』のヘクター・エリゾンド的役割

エレベーターで天正10年(1582年)6月1日「本能寺の変」前日にタイムスリップ
 織田信長(堤真一)天下統一目前 「ぶりぶりぎっちょう」(ゲートボール似)の名手
 森蘭丸(濱田岳)小姓 大塚(田口浩正)家臣
 明智光秀(高嶋政宏)謀反 「敵は本能寺にあり」
 豪商(佐戸井けん太)名茶器「楢柴型月」(ならしばかたつき)拠出

タイムスリップの条件
 ① エレベターに乗る ② 金平糖を噛み砕く ③ オルゴールの稼働
 ※和菓子繋がりのタイムスリップもので『ちょんまげぷりん』を思い出した
帰還のタイミング
 フロントの呼びリン

繭子が残して来たもの
 ① マツキヨの胃薬 ② 観光チラシ ③ サンダル

《 以下ネタバレ注意 》 ご覧の際は反転にて 
顛末
 繭子が光秀の謀反を注進しても信長は逃げず 歴史は変わらなかった
 信長は武士の沽券には執着せず、誰が天下統一するかではなく
 天下泰平を願う大器の人だった。
 恭一は結婚を白紙撤回 繭子は社会科から歴史の教員を希望する


【管理人のひとこと】
 スタッフが一緒なのでてっきり『プリンセス・トヨトミ』の続編だと思っていた。
 因みにナレーションは中井貴一
 時折訪れる八嶋智人の役割が判らなかった
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 堤真一 綾瀬はるか 濱田岳 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [1件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本能寺ホテル〜本音(出したい)寺

公式サイト。鈴木雅之監督、相沢友子脚本。綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫。「プリンセス トヨトミ」以来の鈴木監督、相沢友子、 ...

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

『本能寺ホテル』へのコメント

TB有難うございました。
ホテルの予約を1ケ月間違えている件は、綾瀬はるからしいチョンボでしたね。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第81位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第36位
アクセスランキングを見る>>