『5時から7時の恋人カンケイ』 cinema-daysに拍手する

2017年 01月 06
5時から7時の恋人カンケイ
作家志望の青年が、フランス人の人妻と
彼女の夫公認の不倫関係を始める...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:5 to 7

「5 to 7」= 不倫関係を表す仏語の隠語
舞台:ニューヨーク
I will hold your heart. More tenderly than My Own.
公園のベンチの名言(あなたのハートを優しく抱きしめる)

ブライアン・ブルーム(24)(アントン・イェルチン 2016年6月19日事故死)
 作家の卵 不採用通知を壁にコレクション
 父サム(フランク・ランジェラ)駐車料金に拘る
 母アーリーン(グレン・クローズ)即、アリエルと意気投合

アリエル・ピアポント(33)(ベレニス・マーロウ 『007 スカイフォール』)
 元モデル(11歳~25歳)8年前に引退 ヴァレリーと結婚
 夫ヴァレリー(ランベール・ウィルソン)仏領事館外交官
  息子マーク(7)娘エロディ(6)

ジェーン(25)(オリヴィア・サールビー 『抱きたいカンケイ』)ヴァレリーの公認の浮気相手
 フィラー・ストラウス&ジルー誌編集者
 編集長ジョナサン・ガラッシ(エリック・ストルツ 久々)にブライアンを紹介
 ヴァレリーと別れた後、チェロ奏者と結婚 息子あり



ブライアンのその後
 ニューヨーカー誌の新人賞受賞「ベッキーからの逃亡」(犬の物語)
  賞金6000ドルでディオールの指輪購入 アリエルに求婚
 アリエルとの別れから奮起して執筆した「マーメイド」書店店頭に並ぶ
 キヴァ(ジョサリン・デボアー)と結婚 息子チャーリー(2)
 グッゲンハイム美術館でアリエル一家と再会
  アリエルはしっかりとあの指輪をしているではないか!!

【管理人のひとこと】
 ブライアンの両親が豪華配役(フランク・ランジェラ、グレン・クローズ)
 2つの思い違い
  ○ ブライアンがニューヨーカー誌の新人賞を受賞したのはジェーンらのコネかと勘ぐってしまった。
  ○ ブライアンは別れた者同士ジェーンとくっ付くのかと思ったら違った。
 
三人の身長差が気になったので調べてみた
  アントン・イェルチン 175cm
  ベレニス・マーロウ 175cm
  オリヴィア・サールビー 163cm

ブライアンとアリエルは同じ身長の筈
ベレニス・マーロウはアイメイクをしない方が良い

ブライアンはヴァレリーから貰った”手切金”25万ドルをどうしたのか??

時間を冠した作品で下記2作品を想起
 ○ チャールズ・ブロンソンの『正午から3時まで』(1976年)
 ○ ジェーン・フォンダの『9時から5時まで』(1980年)

  

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『バトルスティール』      HOME     初詣3(2017年)