『ブリッジ・オブ・スパイ』 cinema-daysに拍手する

2016年 11月 20
ブリッジ・オブ・スパイ
東西冷戦中、ソ連のスパイとして逮捕された男と、
裁判の中立公正さを守るべく弁護を引き受けた
民間の米人弁護士が人質交換に挑む...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Bridge of Spies

時代:アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代

ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)ブルックリンの民間弁護士
 「どんな人間にも等しく公平な裁判を受ける権利がある」
 アベル大佐を弁護し、世間から迫害視される
 妻 メアリー(エイミー・ライアン)
 子供 ロジャー、キャロル、ペギー
 共同弁護士トーマス・ワッターズ(アラン・アルダ)
 助手ダグ(25)(ビリー・マグヌッセン)

5年後 CIAより民間人として人質交換の密命を受ける
 ダレス長官(ピーター・マクロビー)
 エージェント ホフマン(スコット・シェパード)
 家族にはロンドンへの出張と偽って出掛ける

ソ連スパイ容疑
 ルドルフ・アベル大佐(マーク・ライランス)1957年 N.Y.で逮捕
 祝!第88回アカデミー助演男優賞受賞
 『ザ・ガンマン』 では黒幕を演じていました
 モーティマー・ハイヤーズ判事(デイキン・マシューズ) 判決:拘禁30年(死刑回避)上訴
 妻ヘレン 娘リディア 従弟ドレークス

アメリカスパイ容疑
 フランシス・ゲーリー・パワーズ中尉(オースティン・ストウェル)
  偵察機墜落 毒針コイン使用せず
 フレデリック・ブライアー(25)(ウィル・ロジャース)イエール大学院生
  教授の娘と恋仲 壁越えを試みて拘束される

人質交換交渉 二人対一人
 ソ連 - ブリニッケ橋 アベルとパワーズ
  マーフィ中尉(ジェシー・プレモンス)確認

 東独 - チェック・ポイント チャーリー ブライアーの解放
  仲介:ウルフガング・ヴォーゲル弁護士(セバスチャン・コッホ)
  イヴァン・シスキンソ連大使館二等書記官(ミハイル・ゴアヴォイ)=KGBトップ
  オットー長官(ブルクハルト・クラウスナー)東ドイツの主権に固執
   秘書(マックス・マウフ)オットーが外出した旨ドノヴアン伝達

【管理人のひとこと】
橋の上での人質交換が、二人のスパイだから、タイトルが複数形になっていた。
ブライアーが解放されて居なかったら、ドノヴァン一家はどうなっていた事か

解放後、アベルがドノヴアンに贈った絵は実に上手かった
引き取られたアベル大佐は後部座席に座らされました。
これから、また自国で取調の日々が続いたのでしょうか
自死しなかったパワーズも、最後はヘリで墜落死したらしい。

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『ザ・ガンマン』      HOME     ブログ構成の変更