『ヘリオス 赤い諜報戦』

ヘリオス 赤い諜報戦
韓国が開発した超小型核兵器を巡り、香港警察・中国政府・韓国政府の3者と、
核兵器を狙う謎の組織ヘリオスとの対決を描いたサスペンス・アクション

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:赤道
香港・中国・台湾・韓国の人気俳優が豪華競演! !
製作費3000万ドル、中国で興行収入2億元(約40億円)の大ヒット! だそうです。

冒頭の飛行機事故
 韓国で開発された超小型核兵器【DC-8】を積んだ飛行機が墜落し、
 【DC-8】は犯罪組織“ヘリオス”に奪われる。

犯罪組織“ヘリオス”
 12年前に皇居に侵入して“三種の神器”の一つである赤色の勾玉を盗み出した事から日本の宮内庁が命名
 正体=香港のシウ物理学教授(ジャッキー・チュン)
 使徒 キム(チャン・チェン)ウラン原料球+起爆装置入手
  マカオの武器商人(ジョセフィーヌ・クー)表向きは食堂のおばさん
  リー隊長に孫の動画を見せられ連行されるがチャンに射殺される
 女ボディ・ガード チャン(ジャニス・マン)美人の上、むっちゃ強い

中華人民共和国
 ソン・アン部長(ワン・シュエチー)ラスト 京都 列車内で坊主頭のヘリオスと対峙
  助手ユアン(フォン・ユェンチャン)秘書ソフィア

韓国
 チェ・ミンホー国際情報院理事官(チ・ジニ)銃弾を4~5発食らっていたので死んだかと思った
   妻(イ・テラン) 息子ミョングン 誕生パーティ台無し
  パク・オチョル(チェ・シウォン)護衛 殉職
  国防部長官(キム・ヘスク)二人を派遣する大御所
  外交部情報官シン(ユン・ジニ)-情報元シド キムらに殺される(内通者がいたのだ!!)

香港
 リー隊長(ニック・チョン)特別テロ対策本部
 ファン警部(ショーン・ユー)次期隊長を予見される

政治的判断
 香港警察は“ヘリオス”から【DC-8】の奪還に成功するが、
 中国政府は【DC-8】を韓国政府に返還する事を拒否。
 香港の地下倉庫に保管される事に → 偽汚染で搬出

≪人物相関図≫


【管理人のひとこと】
香港・中国・韓国・マカオ・日本で撮影
日本は京都 鞍馬駅の設定 でも出てくる人皆 異邦人(笑)

良い人がどんどん殺されて行く、これまでにない戦慄の展開
 ① チェ理事官&パク諜報員 ② リー隊長まで(有り得ないでしょ)
ヘリオスとの戦いは始まったばかりって続編があるの??
【スポンサーリンク】


【拍手確認】 【記事の編集】

【関連タグ】 ニック・チョン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿

非公開コメント

 タグ(上位30件)

 字種別順タグ一覧

 Calendar
03月 | 2017/04 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
映画タイトル別
最新記事一覧
テンプレートの変更 2017/04/25
『逃がれの街』 2017/04/24
「グレース・ケリー展」 2017/04/23
『会社物語 MEMORIES OF YOU』 2017/04/21
『殺人の輪廻』 2017/04/20
週間人気記事
 SNS

cinema-days Facebook へ cinema-days twitter へ cinema-days Google+ Pages へ cinema-days RSSfeed へ
つぶろぐ
Trackback
FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第14位
アクセスランキングを見る>>