『湯を沸かすほどの熱い愛』 2016年11月10日(木)21:19:26

夫が蒸発し、中学生の娘がイジメに苦しむ中、
突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、
絶望する事なく持ち前の明るさで家族の再建に奔走し、
周囲を大きな愛で包んでいく姿を描く...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞
銭湯「幸(さち)の湯」 壁には富士山の絵



幸野双葉(42)(宮沢りえ)パン屋マミー・ブレッド パート勤務 店長(泉光典)
膵臓癌 ステージ4 余命2ケ月
「絶対にやっておくべき事」
 □ 家出した夫を連れ帰り、家業の銭湯を再開させる事
  探偵 瀧本(駿河太郎)を使い、住所を探し出す連れ戻す
  昔1度だけ関係を持った相手の連れ子 片瀬鮎子(9)(伊藤蒼)
  5月誕生日に実母の迎えを待つ
  「これからは、もっと一生懸命働きます この家にいたいです」

 □ 気が優し過ぎる娘を独り立ちさせる事
  イジメに負けず、学校に通わす
  感動場面 ・・・ 勝負下着姿で制服を取り戻す場面/実母と手話で会話する場面
         手話をいつか役に立つ日がくるからと習わせる

 □ 娘をある人に会せる事
  静岡県の戸田港のレストランで働く実母 酒巻君江(篠原ゆき子)の所へ連れて行く
  高足カニを毎年贈ってくれたのね

 夫 一浩(かずひろ)(オダギリジョー)両親が亡くなり、高校を中退して銭湯を継ぐ
  パチンコに出たまま、帰らず1年前蒸発 町の友人 麻生(三浦景虎)
  「湯気のごとく店主が蒸発したため、当分の間 お湯は沸きません」
 娘 安澄(16)(杉咲花)中学生2-C組イジメ 制服隠される 「私は最下層の人間だから」
  リンゴの絵がメチャ上手い
  担任(江藤修平) 保健室の先生(田中えみ)
  
   田中えみ オフィシャルブログ  オフィシャル Twitter  



滝本探偵-妻 脳出血死 娘 真由(遥)と二人暮らし
向井拓海(24)(松坂桃李) ヒッチハイカー 家族と不仲 北を目指し戻る
探偵が探し出した実母 向田都子(みやこ)(64)(りりィ)新家族と団欒で面会拒否
 腹癒せにガラス割って逃げる

病院の外「人間ピラミッド」(管理人は しゃぶしゃぶパーティをやるのかなと思った)
双葉「死にたくないよ。生きたい」(心痛の叫び)
 探偵の滝本も参加 単なる人数合わせに失笑

赤い煙 「最高の愛を込めて、葬ります。」
双葉の遺志か、一浩らの想いか 双葉の遺体を銭湯で燃す


宮沢:「企業秘密的な話ですけど、メークでもある程度の事が出来るとは思ったんですが、
私も母と同じ病いで亡くしていて、同じように命を全うした母を思うとリアリティーを持たせたいと思った。
5日間、撮影を休ませて貰って、痩せようと。最後はボクサーみたいに水分取らないでやりました。
終わった後のビールが美味しかったです」

【 管理人のひとこと 】
実母役りりィ セリフなし ちょっと顔が浮腫んで見えたが...11/11 肺癌で死去 享年64歳 合掌
安澄役杉咲花は、原作:沙村広明 監督:三池崇史 主演:木村拓哉の時代劇
無限の住人』(2017年4月29日公開予定)のヒロインが決まっている。
お父さんと伊藤さん』で兄嫁を演じていた安藤聖は何処に出ていたのかな??鮎子の母親役かな

双葉の入院した病院は何処に 幸野家は杤木県足利市 酒巻は静岡県の戸田港 早々頻繁に行き来は出来ないだろう
ボクの妻と結婚してください。』 ステージ4末期癌の作品が続く
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 宮沢りえ 杉咲花 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [3件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湯を沸かすほどの熱い愛〜滅びゆくシュールな銭湯哀歌

公式サイト。中野量太監督。宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、伊東蒼、篠原ゆき子、駿河太郎、遥、りりィ、 松坂桃李、佐藤真子、住田萌乃。タイトルは比喩なのかと思ったら・・ ...

湯を沸かすほどの熱い愛

 どうせ難病ものかとハードルを下げていたら、お涙頂戴ではなくて必死に生きようともがく人々をちょっと抑えめなトーンで描く作品で、見る前の決めつけは良くないと反省しました。ただ、ちょっとお話しができすぎた感もあり。演者はみな良かったけどね。  作品情報 201…

ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」

愛を、燃やし尽くす。 自主映画出身の中野量太監督による、長編商業映画デビュー作。 これは期待以上の面白さだ。
 余命宣告された主人公が、残された時間でバラバラだった家族の抱える問題を総解決。  
予告編で全部見せちゃってない?と思っていたのだけど、あれはまだまだ序の口だった。 宮沢りえ演じる幸野双葉は、高校生の娘・安済と二人暮らし。 元々銭湯を経営していたのだが、夫の一浩が一...

コメントの投稿 [3件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
この映画のポイントカラーは「赤」で統一されていたのでした。

>yumemititiさん

TB有難うございました。
松坂桃李に違和感を覚えたのだが、
>松坂がごく普通の青年というのも、最近では逆に珍しかったかも。
そうでした。これで合点がいきました e-287

>ノラネコさん

TB有難うございました。
劇場鑑賞をどうしょうか、迷った作品でしたが、
鑑賞者の感想を聞くと、圧倒的に好評なので見てみました。
それぞれの役者さんも名演だが、用意されているセリフが実に良かった。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第81位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第36位
アクセスランキングを見る>>