『ちょんまげぷりん』 cinema-daysに拍手する

2016年 10月 06
ちょんまげぷりん
江戸時代からタイムスリップした侍が、シングルマザーの家に
居候し家事を担当する事に。プリンを切っ掛けにお菓子作りに
目覚めた彼は、ケーキコンテストに出場し...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:荒木源

木島安兵衛(25)(錦戸亮 『県庁おもてなし課』)直参旗本の武士
 巣鴨で就活中に江戸時代から180年後の現代にタイムスリップ
  1826(文政9)年 → 2009(平成21)年
 地蔵に願い事-足元に泉が湧き ベニースーパーの駐車場に
 生まれは麻布 → 和菓子店「時翔庵」店員は忽那汐里ちゃん
  名代「江戸阜稟(プリン)」由来画像には携帯のストラップ
 実は百石取りの貧乏旗本、それも小普請組(こぶしんぐみ=プー太郎)だった

遊佐ひろ子(33)(ともさかりえ)シングルマザー
  チェリーコート「巣鴨」8F 2年前に夫と別れる
 息子 友也(6)(鈴木福)保育園児 泣き虫 よく発熱
  卒園式「大きくなったら、侍になります」
 上司 城崎(堀部圭亮) 同僚 田中(今野浩喜)

保育園
 保育士(岩井七世) ママ友 平石佳恵(佐藤仁美)

「お父さんのケーキコンテスト」
 審査員長 殿間知治(井上順) 自由が丘「アントワーヌ」オーナー
 決勝戦 3組 テーマ「ケーキの城」制限時間10時間
 ① 埼玉県の杉山さん 息子タモツ(16) 「御伽の城」
 ② 富山県の秋本さん 娘(高3)「バベルの塔」
 ③ 東京都豊島区の木島&友也(6)「江戸城」 失敗をホワイトチョコを雪に見立てカバー



【管理人のひとこと】
タイムスリップものは、どうやって元の時代に戻すかが一つのポイントとなりますが
折角これから一緒にという所で、祈願成就 → 親子との別れ と展開
本人が再び、現世に登場するかと期待させておきながら、上手くオチを付けました。

エンディングテーマは「REMEMBER YOU」で忌野清志郎節を聴かせます。
エンドロールのNG集にも和みます。

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (3件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >佐藤秀さん【CM:NO.6941】
    TB有難うございました。
    安兵衛がタイムスリップして来た際に、エレベータや8階から巣鴨の風景より前に
    車に驚く筈ではと思ってしまった。
  1. >真紅さん【CM:NO.6942】
    TB有難うございました。
    正直、そんなに期待していた作品ではなかったので、拾い物でした。
    タイトルから受ける印象が今ひとつだったのもありますが...
  1. >ケントさん【CM:NO.6943】
    TB有難うございました。
    『グッドモーニングショー』を見た後なので、久々に時任三郎の『満月』も
    見たくなりました。今作品との違いは、監督 大森一樹と中村義洋の資質の差が
    大きいのではと思います。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

公式サイト。荒木源原作、中村義洋監督 錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、怱那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順。絶対これはタイムスリップではない、何か仕 ...
 シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)は、保育園児の友也を抱え、仕事と 家事・育児の両立に孤軍奮闘の日々。そんなひろ子が出逢ったのは、江戸時 代からタイムスリップしてきたお侍さんだった・・・。  「木島安兵衛、直参でござる」  文政九年、180年前の江戸からやってきた若侍が、お菓子作りの才能を発揮 して人気パティシエとなる。なんとも奇想天外なプロットだけど、劇場予告の...
★★★★  原作は荒木源の『ふしぎの国の安兵衛』であり、『ちょんまげぷりん』は映画用のタイトルである。タイムトラべルファンなので、だいぶ前に原作は読んでいるが、原作同様映画のほうもかなり出来が良かったと思う。 昔これと良く似た映画で、原田康子の原作で、原田

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『沈黙の脱獄』      HOME     『サウスポー』