『ミケランジェロ・プロジェクト』 cinema-daysに拍手する

2016年 09月 19
ミケランジェロ・プロジェクト
ナチスが略奪したヨーロッパ各国の美術品を
取り戻す為に結成された特殊部隊の活躍を描く..

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:ロバート・M・エドゼル
原題:The Monuments Men

ジョージ・クルーニーが製作・監督・脚本・主演を兼務
舞台:第2次大戦末期のヨーロッパ

「モニュメンツ・メン」7名
フランク・ストークス教授(ジョージ・クルーニー)ハーバード大学付属美術館の館長
 ルーズベルト大統領にナチスドイツからの美術品奪還作戦を進言
 特殊部隊“モニュメンツ・メン”結成

□ パリ 別行動
 ジェームズ・グレンジャー少尉(マット・デイモン)メトロポリタン美術館のキュレーター
  仏語の発音が可笑しい 娘二人12, 9歳
  合流後、岩塩坑で地雷踏み、爆死寸前

□ ベルギーのヘント(祭壇画)
 リチャード・キャンベル軍曹(ビル・マーレイ)シカゴの建築家 虫歯治療
 プレストン・サヴィッツ二等兵(ボブ・バラバン) 演劇興行主及び美術鑑定家

□ ドイツのアーヘン
 ウォルター・ガーフィールド軍曹(ジョン・グッドマン)彫刻家
 ジャン=クロード・クレルモン中尉(ジャン・デュジャルダン)ユダヤ系フランス人美術商

□ ブルージュ(聖母子像)
 ドナルド・ジェフリーズ中尉(ヒュー・ボネヴィル)イギリス人歴史家 元酒乱

□ 途中参加
 サム・エプスタイン(ディミトリー・レオニダス)ドイツ系アメリカ人兵士 通訳
  隠し場所岩塩坑に気付く ・・・ ジーゲン、メルカース、ハイルブロン、アルトアウスゼー

協力者
 クレール・シモーヌ(ケイト・ブランシェット)ナチス美術館秘書
  弟 ピエール レジスタンスがバレ、殺される
  応酬した美術品の流れを台帳に記録 ノイシュヴァンシュタイン城へ
  正装してこなかったグレンジャーにネクタイプレゼント 台帳託す

  ヴィクトール・シュタール(ユストゥス・フォン・ドホナーニ)
    ナチス親衛隊 美術品をヘルマン・ゲーリング閣下に移送
    岩塩坑に隠す ヒトラーの総統美術館準備

【管理人のひとこと】
邦題の付け方が上手い。
 原題モニュメンツ・メンのままじゃ何の事かサッパリ判らない

”真実に基づく物語”との事だが、ホントに回収したの!?
 ・ 独軍の隠し金塊100トン回収
 ・ ソ連を出し抜き、3,000点回収

押収品
 ① ヘントの祭壇画 ・・・ 最後の1枚は台座にしていた!!
  ② ブルージュの聖母子像 ・・・ 戦死した仲間の為にも、どうしても奪還したかった!!

戦死者2名
 ① ジャン=クロード・クレルモン中尉
 ② ドナルド・ジェフリーズ中尉 銃撃戦流れ弾に当たる
   ガーフィールド軍曹の介抱空しく死去

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『ハンター(1980)』      HOME     構造化データマークアップ