『超高速!参勤交代 リターンズ』 cinema-daysに拍手する

2016年 09月 10
参勤交代の帰途、藩内で一揆が起こり
行きの半分 不眠不休で帰るが
既に城は明け渡されていた...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞

前作のヒットにより、2年ぶりの続編

舞台:享保二十年(1735年) 八代将軍徳川吉宗の時代
湯長谷(ゆながや)藩(現在の福島県いわき市)1万5千石

吉宗(市川猿之助)の日光社参(65年ぶりに復活)行列13万人
 老中首座・松平輝貞(てるさだ)(石橋蓮司)
 蟄居させられていた甥の家老・松平信祝(のぶとき)に恩赦
 側近(斉藤歩 田中壮太郎 田口浩正)

湯長谷藩七人衆+1匹
第四代藩主・内藤政醇(まさみつ)(佐々木蔵之介
  幼時のトラウマ復活 閉所恐怖症(一人でトイレにも入れない)
  山びこの術(腹話術)を使う(今回も 桶の遺体で使用)
  側室 お咲(深田恭子) 元飯盛女 30両で身受け
   柳生の鎌男と対戦中に告白を迫るのには段蔵も苦笑

家老・相馬兼嗣(かねつぐ)(西村雅彦)泳げない
   金勘定に厳しい知恵者 妻娘有り
  荒木源八郎(寺脇康文)
   刀剣の腕に秀でる 妻 富江(富田靖子 特別出演)

  増田弘忠(柄本時生)二刀流 千里眼 猿芝居 菊千代連れ
  今村清右衛門(六角精児)槍と料理が得意
   鈴木のモテぶりに「なんだあれは...」「努力なんか無駄だな」

  秋山平吾(上地雄輔)
   常に冷静沈着 政醇の妹 琴姫(舞羽美海)に見送られる
  鈴木吉之丞(知念侑李)
   弓の名手 三本矢も命中 鉄板をも通す弓矢も使用
  雲隠段蔵(伊原剛志)伝説の忍び
   娘を人質に取られ、一時、内藤らを襲う

  次席家老 福田弥之助(橋本じゅん) 瀬川安右衛門(近藤公園)

村民百姓
  茂吉(神戸浩)与作(大鶴義丹) (梨本謙次郎)

《 人物相関図 》 (クリックで開閉)


家老・松平信祝(のぶとき)(陣内孝則 特別出演)
 尾張柳生と組み 湯長谷藩への報復・吉宗暗殺計画
 「田舎侍どもめ、今度は本気でゆく!」
 尾張柳生 柳生幻道(宍戸開)
 諸坂三太夫(渡辺裕之)荒木源八郎と一騎打ち 尾張弁がキツイ
 森極蔵(中尾明慶)大岡裁きを受ける

南町奉行 大岡忠相(古田新太)信祝の悪行を暴く

【管理人のひとこと】
行きは「参勤」帰りは「交代」 すり抜けの方法は前作で出尽くしたのか
棺桶に入ったり、関所で張りぼてで人員を割り増しして見せたりと
新鮮味はなかったが、悪家老陣内の動きが早く楽しめた。

城に囲われた富田ら奥方陣 床下に薙刀を隠し持っていたとは...
富田靖子にちょっと、殺陣似合わない!?
寺脇康文 VS 渡辺裕之 の手練れ対決は見応えがありました。

将軍暗殺計画まで露見しては、流石に陣内家老の再復活は無理だろう...

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』      HOME     『わたしに会うまでの1600キロ』