『キトキト!』再見 cinema-daysに拍手する

2016年 09月 02
キトキト!
早くに夫を亡くし、女手1つで二人の子供を育てて来た
スーパー母ちゃんだったが、娘は男と駆け落ちし、
息子は家を出て東京でホストになってしまう...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

初見:2008年5月16日

8年も経つと物の見事に忘れてますねぇ

舞台:富山県高岡市 日本三大仏(奈良県奈良市東大寺・神奈川県鎌倉市高徳院)
「キトキト」 = 活きの良さを意味する富山弁

斉藤智子(大竹しのぶ)スーパー智子ちゃん
 旦那は優介が3歳の時病死
 義父 裕次郎(井川比佐志)パチンコ・将棋好き
 職歴:ヤクルトレディ,学研のおばちゃん,保険のセールス,時々テキヤ,
     挙句にタクシー運転手まで そしてスナック「美優」のママ
娘 美咲(平山あや)スケ番 とび職 健さんと東京に駆け落ち
 3年間音信不通
息子 優介(石田卓也)親友 眞人(尾上寛之)と上京 ホストになる
 初任給1万円を現金封等で送金 逆に日用品の宅配を頼む
 高校担任(木下ほうか)生徒をクズ呼ばわりした教師をカスとし消火器放射
  NHK連続ドラマ『水族館ガール』でも嫌味な課長役を演じていましたが、
  最終回(9/2)では、「はまかぜ水族館」の閉館を決める視察に来た
  専務(名高達郎)一行らに、イルカショーを見て行くよう説得する側に回り、
  ”スッキリ”していました。(笑)


佐川隆(光石研)智子に求婚
 一緒にパソコンWord習う

東京 新宿歌舞伎町
眞人(まさと) バグタン(他の客に手を出す)踏みクビ
客 藍(伊藤歩)優介を指名 嘗てホストに貢ぐ

スケ番当時の美咲とキャバ嬢藍


上京した智子 秋葉原でパソコン購入12万円 東芝ダイナブック
ホストクラブで美咲と再会 平手打ち
「生きとったんけ」「だら」「良かった」
  平山:「(ビンタの)あとが残るぐらい“本気”でした!
  でも、本当の母親のように接してくれて愛を感じましたね」
「WOMAN」を熱唱 佐川との付き合いを報告

「自分の生きた証を残す」
上京時”血管が切れた音がした” ・・・ 緊急入院 その晩急逝
7年後 美咲が「美優」(美咲と優介の頭文字だ)引き継ぎ
優介は藍と結婚し工務店開く 妊娠中の藍と一人息子

母の遺したパソコンに「子供たちへ」の文章を見付ける
洗濯ものを取り込む際、智子から教わったように
自分の息子にも、脱いだ服は表に返して洗濯機に入れるように注意する

【管理人のひとこと】
石田卓也君、『リアル鬼ごっこ』以来、最近見ないね。
 ご当地 愛知県出身!! 身長171cmと意外と小柄なのだ。
 建屋も立派な「斉藤工務店」 藍ちゃんの出資の賜物か??
美咲ちゃんが「美優」を継いだという事は、智子亡き後も
佐川さんとの付き合いは続いているんだね。
ボコられた後の眞人はどうなったんやろ...

エンディング曲『フルサト』はコブクロの歌かと思った。

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  H28年8月読書メーター       HOME     『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』