『アクトレス ~女たちの舞台~』 cinema-daysに拍手する

2016年 08月 22
アクトレス ~女たちの舞台~
ベテラン女優の下へ20年前に彼女を世に
送り出した舞台のリメイク出演オファーが届く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Clouds of Sils Maria

舞台:スイス チューリッヒ 景色が素晴らしい

マリア・エンダース(ジュリエット・ビノシュ)ベテラン女優
 個人秘書ヴァレンティン(クリステン・スチュワート
  恋人ベルーント写真家
 エージェント ジェイ(スチュアート・マナシル)

 「マローヤのヘビ」リメイク
 演出クラウス(ラース・アイディンガー)
 嘗て演じた20歳の主人公シグリッド役から、彼女に翻弄され
 自殺する40歳の会社経営者ヘレナ役へ
 「時の流れを受け入れられないの」

恩師ウィルヘルム・メルキオール(72)(ヴァレリー・ブックルーヴ)
 心臓発作急死 実は自殺か
 妻ローザ(アンジェラ・ウィンクラー)
 ヘンリク・ヴァルト(ハンス・ツィッシュラー)出演作が多かった男優

シグリッド役ジョアン・エリス(19)(クロエ・グレース・モレッツ)
 出演作品「禁断の惑星」ミュータント役 相手役(ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン)
 有名小説家クリストファー・ガイルス(ジョニー・フリン)と不倫
 妻ドロテア自殺未遂

エピローグ
ヴァレンティン 「マローヤのヘビ」(山間の霧の流れ)を見に行き 消息不明
新アシスタント(クレア・トラン)

【 管理人のひとこと 】
製作年(2014年)には、ジュリエット・ビノシュは1964年3月9日 生まれなので50歳。
40歳のヘレナ役なら、充分やれる...でしょう。

「逆さのカブトムシ」
 監督:シドニー・ポラック 共演:ハリソン・フォード
 マリア・エンダーのハリウッドデビュー作 どんなんなの??

≪ 予告編 ≫

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (3件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >佐藤秀さん【CM:NO.6907】
    TB有難うございました。
    ジュリエット・ビノシュは90年代の女優、ポンヌフ、トリコロール等
    今作品では、おばさんパワー全開ですね。
  1. >真紅さん【CM:NO.6908】
    TB有難うございました。
    セリフを読み合わせしながら、山登りするシーンが数回
    これは「マローヤのヘビ」を見たかったのかなぁ
  1. >たおさん【CM:NO.6918】
    TB有難うございました。
    役者さんは、その時の個人の事情がどうであれ、プロである限り、
    私的感情を見せる事なく、その役を演じなければならない。
    大変なお仕事なんですね。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

永劫回帰の蛇が侵入する時 公式サイト。フランス=ドイツ=スイス。原題:Clouds of Sils Maria。オリヴィエ・アサイヤス監督。ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロ ...
 SILS MARIA  CLOUDS OF SILS MARIA  フランスの大女優マリア(ジュリエット・ビノシュ)は、出世作 『マローヤの蛇』  の20年ぶりの再演にオファーされる。個人秘書のヴァレンティン(クリステン・ス チュワート)と台本の読み合わせをするマリアは、役作りに苦しむ。  アメリカ人女優として初めて、クリステン・スチュワー...
■ 新宿シネマカリテにて鑑賞アクトレス~女たちの舞台~/SILS MARIA 2014年/フランス、ドイツ、スイス/124分 監督: オリヴィエ・アサイヤス 出演: ジュリエット・ビノシュ/クリステン・スチュワート/クロエ・グレース・モレッツ/ラース・アイディンガー 公式サイト 公開: 2015年10月24日 女優マリア・エンダースは、出世作の舞台「マローネのヘビ」を書いた劇作家...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『素晴らしき日』      HOME     Highslide のキャプション