『グーグーだって猫である2』 cinema-daysに拍手する

2016年 06月 15
『グーグーだって猫である2』(WOWOWプライム 6/11 - 全5話)
原作:大島弓子 飼い猫たちとの愛しい日常を綴った
自伝的コミックエッセイ「グーグーだって猫である」(全6巻)

2008年の映画化に続き、2014年にWOWOWで連続ドラマ化
監督:犬童一心で約2年ぶりの続編
前作では描き切れなかった、“グーグーと過ごした
15年8カ月間"に起きた出来事を描く

各回ゲスト
第一話 黒木華 第二話 イッセー尾形 第三話 西田尚美
第四話 橋本マナミ(子猫の貰い手)
松岡恵望子(大森の婚約者 『MONSTERZ モンスターズ』で取り上げ)
最終話 田中泯(富士山に一番近い道の駅「すばしり」登場)

第1話 憧れを仕事にする
 人気漫画家の小島麻子(宮沢りえ) 撥ねてるような独特な歩き方
 編集者:大森(長塚圭史) アシスタント歴10年 第四話では結婚!!
 アシスタント:ミナミ(黒木華) → 飯田千里(前田敦子)



黒木華の酔っ払い演技が今ひとつ?
実は猫嫌いの前田敦子のハイテッションがあざといか
Part1の赤間(田中泯)的存在なのか、嘗ての著名漫画家木下ヨシユキ役で塚本晋也監督が登場
「誰からも読まれなくなったら、それはもう作品じゃないよ」 このセリフの重みが半端ない。
最終話では別人の赤間(ゴルフ場・ホテルを持つ富豪)として田中泯も出演

部屋のタペストリーが印象的でした。
舞台:東京 吉祥寺の井の頭公園
 『俺たちの旅』世代のおじさんには懐かしい
 『愛していると言ってくれ』のロケ地でもある。

かいぼり(掻い掘り)】こんな事しているとは知らなかった。
掻い掘りとは、池や沼の水を汲み出して、底の泥を天日に干し、
外来魚などを駆除。生態系を守り、水質の改善を行う。

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  水谷豊 新曲 『ありがとう』      HOME     『スター・トレック イントゥ・ダークネス』