『クライマーズ・ハイ』 2016年05月06日(金)07:11:22

クライマーズ・ハイ
1985年に起きた日航機墜落事故を追い
特ダネをものにしようと奔走する地方紙記者たち
の激動の一週間を描いた社会派群像劇

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:横山秀夫
エヴェレスト 神々の山嶺』みたいな登山映画かと思ったら違った。
“クライマーズ・ハイ” = 登山者が岩登りに夢中になる内、恐怖を感じなくなる状態の事

1985年8月12日 羽田発大阪行き日航ジャンボ123便が、
群馬県御巣鷹山に墜落 乗員乗客524名

地方紙 北関東新聞社
 ワンマン社長 白河(山崎努)秘書へのセクハラ常習 現秘書(桐生シーナ)
 粕谷編集局長(中村育二)追村次長(螢雪次朗 マイケル・キートン似)
 等々力社会部長(遠藤憲一)

全権デスク 悠木和雅(堤真一)遊軍
 現地取材 佐山(堺雅人)県警キャップ
 神沢(滝藤賢一)地域報道班 初めて死体を見て錯乱 轢き逃げされる
 玉置(尾野真千子)地域報道班 事故原因を追う
  堤真一とは、後年『神様はバリにいる』で共演

 守屋政経部長(矢島健一)亀嶋整理部長(でんでん)
 岸政経部デスク(田口トモロヲ)田沢社会部デスク(堀部圭亮)
 吉井整理部(マギー)森脇地域報道班(矢柴俊博)

 販売部 伊東局長(皆川猿時)編集部と対立
 安西(高嶋政宏)和解屋-前秘書 黒田美波(野波麻帆)と折衝
  悠木と衝立山に登山予定 「すぐ追い付くから」「下りる為に登る」
  くも膜下出血で倒れ植物人間に
  妻 小百合(西田尚美) 22年後、息子(33)(小澤征悦)と登る

 新聞を買いに来た母親(村岡希美)
 羽田空港の地上勤務員(飛鳥井みや)
 編集局機報部局員として山口あゆみ(『屋台弁護士Ⅲ』で取り上げ)

気になる事
 ① くも膜下出血で倒れた安西のその後は
 ② 神沢の轢き逃げ犯は捕まったのか
 ③ 黒田美波のセクハラ事件の決着は
 ④ 搭乗者名簿の「ミヤジマ ケン(9)」は、息子と同じ年頃だっただけ!?

ラスト
 悠木は海外で暮らす息子 淳夫妻に会いにニュージーランド サザンアルプスを訪問
 息子と登山するんだろうなぁ

原作・TV版・まもなく公開となる横山秀夫原作 『64(ロクヨン)

64(ロクヨン)』【前編】2016/5/7公開【後編】2016/6/11公開
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 堤真一 堺雅人 山崎努  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>