『家族はつらいよ』 2016年04月08日(金)22:58:08

長年連れ添って来た妻から
離婚届を突き付けられた父
両親の離婚の危機に戸惑う子供ら...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞

山田洋次監督の21年ぶり喜劇映画
山田洋次監督の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』以来21年ぶりの喜劇映画
東京家族』と同じキャストだが、役名や職業はちょっとずつ異なる。
共同脚本+助監督の平松恵美子のセンスもあるのか、笑った笑った。



平田周造(73)(橋爪功)結婚45年 隠居生活 趣味:ゴルフ 酒
  居酒屋かよ 女将(風吹ジュン)浮気を疑われる
  友人 服部(岡本富士太)酒友
  旧友 沼田(小林稔侍)成子から調査を依頼される探偵
   高校時代のテニス部悪友 30年ぶりの再会
   探偵事務所事務員(広岡由里子)探偵料3日間6万円
  愛犬トト

 妻 富子(吉行和子)誕生日のプレゼントに離婚を切り出す
  カルチャーセンター 創作教室 高村(木場勝己)
  試作「通夜の客」 岡野春美「めぐり逢い」
  亡き弟 薫 作家 印税入り生活には困らない

長男 平田幸之助(西村雅彦)サラリーマン 部長の御機嫌取り
  上海出張を取り止め、家族会議に参加
 妻 史枝(夏川結衣)専業主婦
  息子 謙一(中村鷹之資)来年高校生 野球部 試合で活躍
     信介(丸山歩夢) 兄の試合に応援

次男 平田庄太(妻夫木聡)ピアノの調律師 結婚を機に家を出る事に
  コンサートホールの守衛(笹野高史)
 恋人 間宮憲子(蒼井優)看護師

長女 金井成子(中嶋朋子)税理士事務所経営
 夫 泰蔵(林家正蔵)”髪結いの亭主”
  夫婦喧嘩 骨董の古伊万里の皿20万円(1万円と嘘)

10月26日 秋晴れの日曜日 家族会議
 周造 浮気の証拠を突き付ける泰蔵に激昂し倒れる ・・・ 脳梗塞か低血糖!??
 看護師 憲子の適切な処置で大事に至らずに済むが...

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『家族はつらいよ』 人物相関図

影の原案者 蒼井優
「『東京家族』の時に、皆で『崩壊家族』『脱線家族』とかタイトルを付けて、
冗談で別の話を妄想してストーリーを作っていたのが、この作品のスタートだったと思います」
「皆で笑いながら話していた事が、本当に映画になったんだと、改めて実感しています」

山田:「蒼井さんの知り合いに、夫が『誕生日に何かあげようか』と言ったら、
妻が『じゃあ離婚届にハンコ頂戴』っていう人が本当にいたらしいですよ」
「その話を聞いてびっくりして、申し訳ないんですけど大笑いした。
そこから映画が出来るんじゃないかなと思った。本当は、原案・蒼井優にしなくちゃいけない」

ちょっとなぁ
① 病院に担ぎ込まれた父親に、即、葬儀場の心配をする泰蔵
② 担ぎ込まれた青葉中央病院の当直医(笑福亭鶴瓶 特別出演) 崩れ過ぎ!??
③ 沼田探偵の変装 調査を受けた際に相手が旧友と判った筈だが
  居酒屋で二人っきりになれば、正体がバレる危険は大有りでしょう
  それとも、敢えて、正体を明かして接近する作戦だったのか...
④ 富子の離婚の理由は、ありきたりでしたね。

どこかしこに映画PR
① 富子の通う創作教室に『東京家族』のポスター
② 沼田探偵社の横の劇場では『男はつらいよ』上映
③ 周造が観ているDVDは『東京物語』だが、他にも『男はつらいよ』のDVD散見
④ 鰻屋の出前(徳永ゆうき) 寅さんのテーマ曲を歌う
  家族会議用に取った鰻7人前 24,500円はどうなったのでしょう...
  結局、家族会議は、飛び入り参加の憲子を入れて8人になりましたが、
  届いたのは、周造が病院に担ぎ込まれた後でした。

同キャストで第三弾が製作されれば、必ず観るでしょうね。

[追記](H28.8.3.)
続編製作決定!!! 『家族はつらいよ2』(2017年5月27日公開)
ある登場人物があっけない死を遂げることから、一家に再び災難が降りかかる。
描くのは「死をめぐる笑い」

【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 橋爪功 吉行和子 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [3件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家族はつらいよ

★★★☆ 製作:2016年日本 上映時間:108分 監督:山田洋次  『男はつらいよ』をもじった山田監督のコメディーで、階段でこけたり聞き耳を立てたりしている風景はまさに寅さんそのもの。また配役や家の造りも『東京家族』そのまんまであり、題名通り二つの映画を

家族はつらいよ〜「憲」が平和を守る?

公式サイト。山田洋次監督。橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、中嶋朋子、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、笹野高史、木場勝己、 ...

ショートレビュー「家族はつらいよ・・・・・評価額1650円」

東京家族の裏側で。 2013年に発表された「東京家族」は、小津安二郎の歴史的な名作「東京物語」を極めて忠実にリメイクした作品だが、そのテーマは対照的なものだった。 オリジナルに対して、リメイクは人間たちが優しい。 小津は、高度成長期前夜の1953年を背景に、家族という日本社会の基盤をなすミニマムなコミュニティの喪失を描き、その先にある伝統的な共同体意識の解体を予見して見せた。 対...

コメントの投稿 [5件]

非公開コメント

『家族はつらいよ』へのコメント

最近忘れかけていた笑いがあった。

>ケントさん

TB有難うございました。
蒼井優ちゃんは『東京家族』と同じ役回りでしたね。

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
いゃ~、久々に劇場が笑いの渦に包まれていました。
ここ数年、こんな映画は無かったような気がします。

>ノラネコさん

TB有難うございました。
昨今、こういった喜劇は希少価値。コンスタントに作り続けて欲しいですね。

中国版リメイク

「やっかいな家族」(2017年4月公開予定)
3世代の家族が「おれおれ詐欺」や「熟年離婚」などの問題に直面する
ドタバタ劇で、舞台を日本から北京市内に移しただけで、脚本は殆ど同じだ
そうだ。日本で公開される機会があれば、是非、見てみたい。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>