『カイト/KITE』 2016年03月27日(日)22:54:56

カイト/KITE
経済が崩壊した近未来を舞台に、
両親を殺され暗殺者となった少女が
組織に復讐するスタテリッシュなバイオレンス

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:梅津泰臣のアニメを実写化
舞台:経済が崩壊した近未来
世相的にはウォルター・ヒル監督の『ウォリアーズ』(1979年)を彷彿

サワ(インディア・アイズリー オリヴィア・ハッセーの娘)
 警官だった父と母をエミールに殺され、暗殺者となり組織に復讐
 「掴めないものは砂と風に舞う羽根だ」
 精神安定剤”アンプ”常用 記憶が薄れる
カール・アカイ(サミュエル・L・ジャクソン)警部補 父の同僚
 案の定黒幕:武器を盗んで売却しているがバレ...
 同僚プリンズルー刑事(デオン・ロッツ)
 情報部 レイノック警部(ルー・ヴェンター) アカイを怪しむ
  ヘンリク・ピレイ(ジョディ・エイブラハムズ)ジェピーとして潜入 拷問に遭う
  娘ナイーマ(サビィーハ・タガリ )”マネーガール”組織に誘拐される
オブリ(カラン・マッコーリフ)サワの友だち カイト(凧)を揚げる
 父オーティス 左顔 マスタードガスで火傷
 サワの窮地を助ける

人身売買組織ナンバーズ
ボス エミール(ゼイン・ミーズ)サワの両親を殺したとされるが...
取引相手 ヴィク・ソーンヒル(カール・ボークス)
     スタギー・ステインズ(テレンス・ブリジット) 左眼義眼
     ミカエル・クラツォフ(ジャコ・ミュラー)
 


「見るがいい。俺は怪物を作った。美しい...怪物」
撮影準備中に急逝したデヴィッド・R・エリス(1952-2013)の思い出に捧ぐ
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 インディア・アイズリ  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>