『脳内ポイズンベリー』 2016年03月22日(火)22:55:30

脳内ポイズンベリー
自分に自信がなく優柔不断なアラサー作家の
恋愛に対する脳内の葛藤を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:水城せとなのコミックを映画化
副題:Poison Berry in My Brain
櫻井いちこ(29)(真木よう子)ケータイ小説作家
 寿退社したものの相手(竹財輝之助)に妊娠女が現れ破談
 作品
  「ごめん、君のことよく、わかっていなかった」 30万部 映画化
  「あなたといれば、いつも晴れ」
 親友 川上礼子(野波麻帆) 娘ゆか(5)

5つの思考を擬人化 脳内会議 多数決
 吉田(西島秀俊):理性/議長 石橋と池田の板挟み
 石橋(神木隆之介):ポジティブ
 池田(吉田羊):ネガティブ
 ハトコ(桜田ひより):衝動
 岸(浅野和之):記憶
限界MAxの女 = ボンテージ姿のいちこ降臨 → 思考停止



恋のバトル 新丸子 VS 中目黒
早乙女亮一(23)(古川雄輝) 美大出身 オブジェ作家
 かずみ(岡本玲)半年連絡取らず
 山崎みほこ(ともさかりえ)ロンドン帰り デザイナー 既婚時付き合う
越智宏彦(成河)秀栄社編集者
 後任(カンニング竹山)
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 真木よう子 西島秀俊  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [4件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脳内ポイズンベリー〜救われない作家の内面

可愛いいちことケバブサいちこの葛藤 公式サイト。水城せとな原作、佐藤祐市監督。真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、桜田ひより、神木隆之介、浅野和之、カンニン ...

脳内ポイズンベリー

【概略】 自分に自信がなく優柔不断なアラサー女子の恋の行方を、5つの思考を擬人化したキャラクターたちが繰り広げる脳内会議を交えてコミカルに描く。 ラブコメディ 何を考えているかわからない予測不能なアート系年下男子と、堅実で優しい反面ときめきを感じられない年上男性の2人の間で悩むアラサー・櫻井いちこのリアルな心情を、5つの思考の擬人化によって描き出す。 いわば、邦画の「イン...

15-161「脳内ポイズンベリー」(日本)

自分の一部を殺してまでいる相手ではない  ケータイ小説のライターをしているアラサー女子の櫻井いちこ。飲み会で知り合った7つ年下のアート系イケメン男子・早乙女と偶然遭遇。さっそくいちこの脳内では、話しかけるかどうかで議論が紛糾。  “理性”を司る議長の多数決の提案に対し、“ポジティブ”の石橋と“衝動”のハトコが真っ先に賛成する一方、“ネガティブ”の池田は当然のように反対。“記憶”の岸さんは...

「脳内ポイズンベリー」

30歳の誕生日を迎えたイチコ(真木よう子)の頭の中で、現実に照らし合わせて起こる「自分会議」…いわゆる「心の声」ってヤツだ…を描くコメディ。軽快ではちゃめちゃで、楽しめる作品。でも、コメディ一辺倒だと思って観ていたのだが、実は大切なことも教えてくれている。「恋愛」「幸せ」に関してある種の女子が持っていなければならない大切な決意を。 自分を嫌いになるような行為は、してはいけない。 ...

コメントの投稿 [4件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
いちこの”赤いニット帽姿”はイチゴをイメージしてたのね。
言われる迄、気付かなかった。
途中、グレーバージョンを被っている事もありましたが...

>maki‎さん

TB有難うございました。
「自分を好きになれない人が他人を好きになれる訳がない」
本作の命題は、これかぁ。

>CINECHANさん

TB有難うございました。
越智さん役誰かに似ていると思ったら、会社の取引先の人でした(爆)

>ここなつさん

TB有難うございました。
毎度毎度、脳内会議してたら、そりゃ疲れるわな。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>