『猫侍 南の島へ行く』 cinema-daysに拍手する

2016年 03月 14
猫侍 南の島へ行く
元加賀藩指南役で仕官活動中の浪人が、
土佐藩に向かうが、嵐に遭い見知らぬ
南の島に漂着する...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

主演の北村一輝が原案・脚本を担当

よもやの劇場版第2弾 [第一弾

「夢うつつ 荒唐無稽の珍道中 ただ確かなる 君のぬくもり」
舞台:幕末

班目久太郎(まだらめきゅうたろう)(北村一輝
 元加賀藩剣術指南役 仕官活動中の浪人 愛猫 玉之丞
 姑 タエ(木野花)土佐藩剣術指南役募集の話を持って来る
   離縁画策 土佐渡航妨害 忍者(木下ほうか)
 妻 静(横山めぐみ)
 娘 ハル(岩田月花)猫アレルギー

船着き場
 舟頭(酒井敏也)次の便は10日後
 小舟レンタル(緋田康人)
行きは4日目に三日三晩の嵐に遭い漂着
帰りは、簡易仕立ての帆船で3日間(行きに比べ、超早)
海賊に土佐に送って貰わず、本土に送って貰えば良かったのに

南の島に漂着 白猫=神 黒猫=悪魔
現地人 お宝=バナナの種(当時は超贅沢珍品)
       早口言葉を披露するシーンに失笑
子役(グレース・ヌワエメ)
海賊
 お蓮(LiLiCo) 投獄中、牢番と内通 お宝狙い
 青海信玄(高山善廣) 玉之丞を見て退散

「何故か南の島になったけれど、(撮影は)実は八丈島です」
エンディングは松崎しげる(特別出演)が「愛のメモリー 猫侍バージョン」を熱唱

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (0件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。


「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『おと・な・り』      HOME     『拳師~The Next Dragon~』