『最後の忠臣蔵』 2015年12月26日(土)10:38:38

最後の忠臣蔵
赤穂浪士として名誉の死を果たせなかった二人の男が、
忠義を貫き私心を捨て、自らに課された使命を全うするべく
生き抜いた過酷な人生を紐解く...

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:池宮彰一郎
日本の映画界を代表する男優 役所広司 佐藤浩市の共演



役所広司
討入り前夜にすべてを捨てて姿を消した瀬尾孫左衛門
三代続く大石家の用人
大石内蔵助(片岡仁左衛門 特別出演)に隠し子がいた
 可音(かね)(桜庭ななみ) 内蔵助の身の周りの世話をしていた可留の娘
 ゆう(安田成美)元吉原大夫夕霧 可音指導
 豪商 茶屋四郎次郎(笈田ヨシ)ゆうの紹介で壺持込
  息子 修一郎(山本耕史)人形浄瑠璃で可音を見初める
  撮影は管理人も2006年に訪れた香川県琴平町金刀比羅宮
  門前町にある『金丸座』



佐藤浩市
「生き証人として、後世に真実を伝えよと」との密命を受けた寺坂吉右衛門
 浪士の遺族を巡回する事16年
 茅野きわ(風吹ジュン)遺族の最後の一人
  漁婦 船を引き上げるには力不足なのは否めない
 進藤長保(伊武雅刀)内蔵助の又従兄弟
 浪士の十七回忌法要を前に孫左衛門と再会

可音の嫁入り道中に赤穂旧家臣が続々と馳せ参じる
 杉田成道監督のもと田中邦衛も奥野将監役で1シーン登場
 役所を足蹴にした月岡治右衛門(柴俊夫)も平身低頭
桜庭ななみちゃん、天下の名優を従え、頑張りました。



ラスト
夕霧大夫の誘いを無下にした孫左衛門
使命を終え、最後の忠臣蔵として内蔵助の元へ
吉右衛門の介錯を断り、本分を全うする。

2010年は『十三人の刺客』『桜田門外ノ変』等時代劇ラッシュで
観たかどうか忘れていた作品
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 役所広司 佐藤浩市  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第67位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第27位
アクセスランキングを見る>>