『アオハライド』 cinema-daysに拍手する

2015年 10月 05
アオハライド
中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、
離ればなれになってしまった二人が、
4年後に再会が、彼は別人のように変わっていた...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:咲坂伊緒のコミック

「一生に一度の青春(アオハル)に乗れ。」

馬渕洸(こう)(東出昌大
 中1の夏休み、両親の離婚で長崎に引越し
  夏祭りの約束 7:00 三角公園 時計の所(机に彫り込み)
 母 澄子(岡江久美子)昨年肺癌で急逝
 高2 兄と同居 苗字は旧姓のまま(田中→馬渕)
  兄 田中陽一(小柳友)教師
 親友 小湊(こみなと)亜耶(吉沢亮)
 長崎時代の友人 成海唯(高畑充希 何故か管理人は有村架純と間違える)
   両親離婚 父死去 境遇が同じ



吉岡双葉(本田翼)2年2組
 青春は恋の季節だ...恋より友情派
 洸より薄っぺらな友情を指摘される
 新たな友だち
  槙田悠里(藤本泉)
  村尾修子(新川優愛 【注目の女優】で取り上げ)田中先生に好意
 菊池冬馬(千葉雄大)2年6組 双葉に好意



イベントリーダーに立候補
修学旅行(10/17-10/20)の行程まで変えられる

《 人物相関図 》 (クリックで開閉)


東出昌大 1988年2月1日生まれ 189cm
本田翼 1992年6月27日生まれ 165cm
高畑充希 1991年12月14日生まれ 158cm
東出は先日『GONIN サーガ』を観たばかりにので、高校生役に違和感ありあり
本田と高畑では、高畑の方が半年くらい年上なんですね。
長身の東出と高畑では身長差が何と31cm!!
管理人は11/7公開予定の本田の新作
佐藤浩市共演『起終点駅 ターミナル』に期待しているんです!!

佐藤浩市 完成報告会見にて(H27.10.8.)
「敦子は暗い影を背負った女の子。本田さんが演じると聞いて、正直、
『おいおい、大丈夫か』と一抹の不安がありました。今迄等身大な
役柄を演じてきたイメージがありましたから」
「皆さん、安心して下さい。本田さんは役柄を自分の中で咀嚼し吸収し、
見事に演じきった。今は『この子で良かった』と思いますね」


≪ アオハ語録 ≫
「意地悪なのか優しいのか、へたれなのか根性があるのか」
「大事なもの作っちゃうと色々しんどくなるんだ」
 ※『クローバー』語録の「物を持つと、手放すのが辛いだろう」に似ている
「自分の幸せ考えられない奴が、他の誰かを支えてやれるなんて
 思い上がってんじゃないよ」
「青春はいつだって間違える...でも、だからこそ、青春なんだ」

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (3件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >佐藤秀さん【CM:NO.6639】
    TB有難うございました。
    馬渕洸の屈折ぶりが判り辛かったですね。
  1. >makiさん【CM:NO.6640】
    TB有難うございました。
    >恋愛よりも青春映画という感じ
    うん、うん、皆で一緒に朝陽を見よう...
  1. >masalaさん【CM:NO.6641】
    TB有難うございました。
    >主人公の双葉の家族すら出てこない
    確かにこれは気になりました。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

江戸のかたきを長崎で討つ 公式サイト。咲坂伊緒原作、三木孝浩監督。本田翼、東出昌大、新川優愛、吉沢亮、藤本泉、高畑充希、千葉雄大、小柳友、岡江久美子。「ソラニン」、「僕 ...
【概略】 中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉と洸。ふたりは高2の春に再会するが、洸は中学時代とは別人のように変わっていた。 ラブストーリー 正確にはアオハル=青春・RIDE(乗る)なんですね。一生に一度の青春に乗れという意味だそうだ。いい大人になった自分にはもう縁がなくて悲しいが、学生時代の自分に言ってやりたい。もっと青春を楽しめと。 ...
 日テレさん主催の試写会だ。客入りは8割位。客層は、下は幼稚園児位から制服姿の女子学生に加え、大人まで幅広い年齢層の観客が集まった。

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『犬と私とダンナのカンケイ』      HOME     『謝罪の王様』