『天空の蜂』 2015年09月12日(土)22:23:00

巨大ヘリが乗っ取られ、原子力発電所上に停止
8時間以内の原発中止を要求
ヘリ・原発設計士が阻止にあたるが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞

原作:東野圭吾 原作発表から20年ぶりの映画化
舞台:1995年8月8日AM8:00 - PM4:00 タイムリミットは8時間
巨大ヘリCH-50JビッグB 全長34m
錦重工業 小牧工場試験飛行場の第三格納庫から遠隔操作によるハイジャック
発電所「新陽」高度800mにホバリング

愛知県小牧市 錦重工業
家族見学
 湯原一彰(江口洋介 久々 ちょっとやつれた!?)ビッグB設計士
  妻 篤子(石橋けい)別居の危機
  息子 高彦(田口翔太) 小学生 小児喘息持ち モールス信号修得
  同僚 山下 息子 恵太
  笠松技術本部長
総務課
 赤嶺淳子(32)(仲間由紀恵)入社10年目
   長期休暇 妊娠発覚フランクフルト行き中止
    ・ 入室管理簿改竄(佐竹→原口 本人怪我で入院中)
    ・ 洗濯機サイズ木箱運び込み(ダイナマイト10本入り)
   1年前神戸の震災で両親亡くす

愛知県警
  高坂刑事(手塚とおる)方言がキツすぎ
  野村刑事(松島花 りょうさんに似 映画初出演)



福井県 高速増殖炉「新陽」
  中塚一実所長(國村隼)-筒井理事長(石橋蓮司)
  西岡運転課長
対策室
  今枝警備部長(佐藤二朗)佐久間消防本部課長(光石研)-芦田警察庁長官(竹中直人)
  自衛隊 ヘリ操縦士根上(やべきょうすけ)救助隊員上条(永瀬匡)
    高彦をアクロバティックなパラシュート作戦で救出成功
  福井県警 室伏周吉刑事(柄本明)
    関根刑事(落合トモキ)雑賀に手錠を打つも刺され殉職

《 人物相関図 》 (クリックで開閉)


天空の蜂
  雑賀勲(さいか)=佐竹恭平(綾野剛)ビッグBハイジャック
    友人 田辺佳之(29) 近畿電力勤務 急性骨髄性白血病で死亡
      母(山口いづみ)
    ラジコン操作の師匠”サイカワ” 自衛隊経験
    3年前ビッグBの開発に参加”佐竹”
    冴木ら自衛官らにアジトに踏み込まれるが部屋爆破して逃走
      宅配を装った女性自衛官ら数人がぶっ飛ぶ
    関根刑事刺殺(手錠ハメられるが指切り落とし外す)
    警察に追い詰められトラック撥ねられ即死 ”先に地獄で待つ”
    「蜂は巣を守る為に囮を飛ばす。そして囮は外敵と心中する」
    「」「ケイク」に続き、3週連続のお付き合いとなりました。

  三島幸一(本木雅弘)新陽の設計士
    息子 智弘 父親が原発開発者でイジメに遭う
       投身自殺 受け止められず左足骨折 引きづる
       イジメの相手 九谷良介
    田辺佳之の反原発集会で佐竹と出会う
    沈黙する群衆に警告「ダイナマイトは常に10本とは限らない」




PM4:00 ビッグB墜落 自動操縦から手動に切り替え、海中へ

2011年3月13日東日本大震災被災地
  成人した高彦(向井理)救助ヘリ操縦士として活躍
  一彰も救助活動に参加 会話の中で三島獄中死知らされる

仕事人間だった湯原は臨月の篤子を置いて出張
出産に立ち会ったのは三島だったとのエピソードから二人は旧知だったと思われる。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 江口洋介 本木雅弘 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [5件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天空の蜂〜なぜ撃墜しない?

公式サイト。東野圭吾原作、堤幸彦監督。江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、やべきょうすけ、手塚とおる ...

【試写会】「天空の蜂」@松竹試写室

 映画.comさん主催「ハリウッド大作ファン限定独占試写会」に参加した。客席は満席。

予言~『天空の蜂』

 1995年8月。開発されたばかりの最新鋭巨大ヘリコプター 「ビッグB」 が 何者かによって遠隔操作され、敦賀にある原発 「新陽」 上空でホバリングを 始める。機内には、ヘリの開発者・湯原(江口洋介)の一人息子・高彦が取り残 されていた。  「本当に狂っているのは誰なのか。いつかわかる時が来る」  ベストセラー作家・東野圭吾が20年前に上梓した小説の映画化。正直、私は ...

天空の蜂/江口洋介、本木雅弘

東野圭吾さんが1995年に発表しロングセラーとなっている同名小説を堤幸彦監督が映画化したサスペンス・アクション・ムービーです。タイトルは何となく見聞きした覚えがあるような気 ...

天空の蜂

★★★★☆ 製作:2015年日本 上映時間:139分 監督:堤幸彦  自衛隊に納入予定の巨大ヘリが何者かに奪われ、原子力発電所の真上でホバリングを続ける。そして8時間後には燃料がなくなって原発に墜落すると言う。犯人は一体誰なのか、そして犯人の要求と真の目的

コメントの投稿 [5件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
”ハリウッド映画のようなスケール”を期待したら、ちょっと違った。

>masalaさん

TB有難うございました。
メインキャストより、あまり名前の知られていない脇役に
結構、比重が置かれていました。

>真紅さん

TB有難うございました。
>今一番乗っているのは佐藤二朗だな、と思う。
>息詰まる作劇の中、緊張を緩和させてくれる存在として貴重だった。
いゃ~、管理人は逆でした。彼だけ妙に浮いて見えてしまって...

>かのんさん

TB有難うございました。
スケール感から、管理人は真保裕一の『ホワイトアウト』の
映画化を思い出します。

>ケントさん

TB有難うございました。
前半の少年救出劇 ありえねぇスペクタクルシーンに
ちょっと引いてしまいそうでしたが、結構楽しめました。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>