『あの日、欲望の大地で』 2015年09月04日(金)04:15:46

あの日、欲望の大地で
重い過去を背負うレストランマネージャーの前に、
ある日、少女を連れた見知らぬメキシコ人が現れる...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Burning Plain
現在:メイン州ポートランド
シルヴィア(シャーリーズ・セロン) 高級レストランのマネージャー
  同僚のコック ジョン(ジョン・コーベット)既婚者 不倫相手
  客(マーティ・パパジアン)シルヴィアを巡ってジョンと揉める
  友人ローラ(ロビン・タニー)カルロスの宿泊先探し手伝う

カルロス(ホセ・マリア・ヤスピク) シルヴィアの前に現れたメキシコ人
  マリア(12)(テッサ・イア)生後2日で生き別れたマリアーナの娘
  父サンティアゴ(ダニー・ピノ)農薬散布のパイロット 墜落し入院中 足切断の危機

過去:ニューメキシコ州国境沿いの町
母ジーナ(キム・ベイシンガー)2年前乳癌手術 左胸切除
  夫ロバート(ブレット・カレン)性的不能
  娘マリアーナ(ジェニファー・ローレンス) ジーナの不倫に気付く
    サンディアゴの子供妊娠 マリア出産 生後2日で生き別れ
    互いに腕に絆の証として火傷の傷痕残す
  弟妹 ボビー、モニー

不倫相手ニック(ジョアキム・デ・アルメイダ)トレーラーハウス購入
  長男クリストバル(ディエゴ・J・トレス)
  次男サンティアゴ(J・D・パルド)マリアーナと付き合う

シルヴィアの重い過去
① 母ジーナの不倫に気付き、トレーラーに放火
  ジーナとニック焼死
② ニックの息子サンディアゴと関係 マリア出産 生後2日で捨てる
  シルヴィアと改名 自堕落な生活を送る

セスナ墜落でサンディアゴがマリーナの消息をカルロスに伝える
カルロスがマリアを連れてシルヴィア=マリアーナを訪問

何と豪華な配役
ジェニファー・ローレンスが成長しシャーリーズ・セロン
ジェニファー・ローレンスの母親がキム・ベイシンガーなのだ!!
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 シャーリーズ・セロン ジェニファー・ローレンス  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [6件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あの日、欲望の大地で

公式サイト。原題:The Burning Plain。 ギジェルモ・アリアガ監督、シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス、ジョン・コーベット、ヨアキム・デ・アルメイ ...

あの日、欲望の大地で/シャーリーズ・セロン

『バベル』『21グラム』の脚本家であるギジェルモ・アリアガの長編デビュー監督作品です。デビュー作でシャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーのオスカー女優二人をぶつけちゃ ...

あの日、欲望の大地で

時系列のない同時進行のような形で進んで行く物語は、最初違和感を覚えますが、後半になってわかってくると、なるほどと頷かずにはいられないミステリーの様相を呈している。 シャーリーズ・セロンさん主演です。重く沈んでいくような話で、ラストでようやく浮上する。 美貌のレストラン経営者のわざと自分をおとしめるような行為の裏には、取り返しのつかない過去があった、というもの。それをずっと引きずって、身を...

あの日、欲望の大地で

★★★★  試写会場のよみうりホールは超満員。開場30分前から階段に大行列が出来る仕末。この映画に対する期待感と熱気がムンムンと漂っているようだった。 この映画は、『21g』や『バベル』の脚本を手がけたギジェル・アリアガが、初監督を飾った親子三代に亘る愛の

「あの日、欲望の大地で」

「The Burning Plain」 2008 USA/アルゼンチン シルヴィアに「告発のとき/2007」「ハンコック/2008」のシャーリーズ・セロン。 ジーナに「ドア・イン・ザ・フロア/2004」「セルラー/2004」のキム・ベイシンガー。 ジーナの娘マリアーナにジェニファー・ローレンス。 サンティアゴの友人カルロスにホセ・マリア・ヤスピク。 サンティアゴにダニー・ピノ。...

あの日、欲望の大地で

ポートランドの海辺にたたずむ高級レストランのマネージャー、シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、心に傷を抱え自らを罰するように行きずりの情事を繰り返す。 ある日、カルロス(ホセ・マリア・ヤスピク)というメキシコ人男性が彼女の前に現れる。 女性たちが織りなす愛と葛藤の物語を、時を交差させながら描く群像劇。 トラウマを抱えた女性の再生物語{★★★㊤3/5} 物語の核となる...

コメントの投稿 [6件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
シルヴィアの「太股の自傷」の自虐性が、あまり理解出来ませんでした。

>かのんさん

TB有難うございました。
現在と過去の複雑なエピソードが上手くまとめられていたと思います。

>makiさん

TB有難うございました。
キム・ベイシンガーは『ナインハーフ』のイメージが強烈なので
老けた感が拭えませんでした。

>ケントさん

TB有難うございました。
管理人宅の方でも、何十年か前は、町内放送で注意を呼び掛けながら、
飛行機で農薬散布やってましたが、いつ頃からか、なくなりましたね。

>margotさん

TB有難うございました。
シャーリーズ・セロンは怜悧な美人の上、演技も上手いです。

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
シルヴィアの過去 母親を焼死させて、自分の子供と一緒に暮らせないトラウマ
自分だけが幸せに成る事が許せず、自らを律したのだろうか
それとも、自分の子供がどう成長するのか怖かったのだろうか

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『選挙の勝ち方教えます』 2017/08/22
『ヴィジット』 2017/08/21
『青空エール』 2017/08/21
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第64位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第26位
アクセスランキングを見る>>