『ダンシング・チャップリン』 2015年07月24日(金)23:35:45

ダンシング・チャップリン
仏振付家ローラン・プティが、チャップリンを題材に
ダンサーのルイジ・ボニーノの為に振り付けた
バレエ作品を映画化

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)
周防正行監督夫人である草刈民代 36年のバレエ人生の集大成

第1幕「アプローチ」 クランクイン迄の60日間を描く
2009年5月スイス・ヴヴェイ レマン湖に刺さったフォークが印象的
仏振付家ピンク・フロイド・バレエ ローラン・プティは
2011年7月10日急逝している。享年87歳



チャップリン役のルイジ・ボニーノは60歳
この役を1991年の初演から170回もこなしているそう
草刈民代の相手役のダンサー ナタナエル・マリーが力量不足で
リエンツ・チャンに交代させられる場面が舞台裏話として描かれる
「一回きりの舞台ではごまかしが効くけれども...」
映像として残るものなので妥協は許されない。

第2幕「バレエ」 全2幕20場からなる舞台作品「ダンシング・チャップリン」を
1幕13場に絞り、映画の為に再構成・演出・撮影
1.チャップリン ~ 変身
2.黄金狂時代(黄金狂時代)
3.二人の警官
4.ティティナを探して(モダン・タイムス)
5.チャールストン(犬の生活)
6.外套
7.空中のバリエーション(モダン・タイムス)
8.小さなトゥ・シューズ(ライムライト)
9.警官たち
10.キッド(キッド)
11.街の灯(街の灯)
12.もし世界中のチャップリンが手を取り合えたら
13.フィナーレ
「二人の警官」「警官たち」「フィナーレ」は周防監督の希望通り、公園で描かれていた。
ダンサーの変更が必要となったシーンは「空中のバリエーション」
草刈民代のチョビひげ姿は「もし世界中のチャップリンが手を取り合えたら」
シルエットを使った演出が独創的だった

エンドロール
映画制作会社アルタミラ・ピクチャーズプロデューサー
佐々木芳野(ササキ ヨシノ)に捧ぐ 2009/09/24卵巣がんの為死去 享年51歳
dedicated to the memory of yoshino sasaki with love and gratitude.
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 草刈民代  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>