『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』 2015年06月26日(金)22:22:16

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾(Blood Ties)
犯罪者の兄と刑事の弟
反目し合う二人の人生と
絡み合う人生模様を描く秀作

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Blood Ties(血の繋がり)
舞台:1974年N.Y.ブルックリン

「信じるか、裏切るか」
父レオン(ジェームズ・カーン)肺片方摘出
 兄クリス(クライヴ・オーウェン)12年ぶり出所
  元妻モニカ(マリオン・コティヤール)売春婦 麻薬 子供二人
  幼馴染マイク(ドメニク・ランバルドッツィ)
   仕事仲介ルイス(マーク・マホーニー)
  中古車屋で働く ボス ファビオ
   事務員ナタリー(ミラ・クニス)結婚 妊娠
 姉マリー(リリー・テイラー)レオンと同居
 両手に華のクライヴ・オーウェンだが、マリオン・コティヤールとミラ・クニス
 二人の女優は雰囲気が似ていますね。

 弟フランク(ビリー・クラダップ 結構大作に出演しているが記憶にない)刑事
  元カノ ヴァネッサ(ゾーイ・サルダナ)子供ジェニー
   夫アンソニー・スカルフォ(マティアス・スーナールツ)拘留離婚
     ヴァネッサと再婚したフランクを恨む
     クリスらに捕まるがルイスを殺して脱走
  上司 コネラン警部補(ノア・エメリッヒ)

クリスは出所後、堅気になるかと思ったら、直ぐに元の犯罪者に逆戻り
  それも躊躇無く人を殺す怖い人
兄弟喧嘩
  「金曜日にまた会う」 → 現金輸送車襲撃の日
    フランクはクリスの左肩を撃つが庇って退職
      慰留するコネラン警部補に 「もう、情熱が失せた」
    その銃弾を抜いたのがモニカ 取り出した弾丸を温存
    売春宿の雇われ経営者となったモニカは保身の為、クリスを売る
幼少期のトラウマ
  3回ノック → 誰かが来た、逃げろの合図
    フランクはクリスに無言電話で知らせる(この使い方に泣ける!!)

グランドセントラル駅
 街を離れるフランク&ヴァネッサを追って、ホームを行くアンソニー
 その背後を警官に追われるクリス
 アンソニーの銃が火を噴く瞬間、クリスがアンソニーを射殺
 黙って逮捕されるクリスの顔に笑顔が
 犯罪者の兄に助けられた弟の顔が何とも言えず哀しい!!
 演技派が豪華共演した1970年代アメリカ犯罪ドラマへのオマージュ

≪ 予告編 ≫
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 クライヴ・オーウェン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>