『ウォント・バック・ダウン ママたちの学校戦争』 2015年06月12日(金)23:47:30

ウォント・バック・ダウン ママたちの学校戦争
子供の為に崩壊した小学校の再建に立ち上がる
母親と教師の姿を描く感動作。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Won't Back Down
アダムズ小学校
  ロバート・トンプソン校長(ビング・レームス)保身の為、ノーナをクビに
教師
ノーナ・アルバーツ(ヴィオラ・デイヴィス)停職に遭うも戦い続ける
  息子コーディ(ダンテ・ブラウン) 別れた夫チャールズ(ランス・レディック)
ブリーナ・ハーパー(ロージー・ペレス)
  同僚ティム(ロバート・ヘイリー),ベン(キース・フリッペン)
マイケル・ペリー(オスカー・アイザック)歌を取り入れた独自の授業
  組合に恩義がありつつも、ジェイミーに協力 リーダーを見付けた

組合 ペンシルベニア教師協会
  グールド会長(ネッド・エイゼンバーグ) ノーナらの中傷ビラ配布など妨害工作
  エブリン・リスク(ホリー・ハンター 久々!!) 奨学金でジェイミーを懐柔
    後にジェイミーに賛同

生徒
  ジェイミー・フイッツパトリック(マギー・ギレンホール)カーショップ「ハンク・ハート・オート」勤務
    娘 マリア(8)(エミリー・アリン・リンド 可愛いです!!)読字障害
    担任デボラ(ナンシー・バーチ) クラス替え認められず

学校再建手続き
・ 生徒50人 教師18人の賛同
・ 審問会の可決
   審問員7名 発生による投票結果 4 VS 3 で可決
   議長リヴィア(マリアンヌ・ジャン=バプティスト)「賛成」
   ブラント「反対」サウスウィック「反対」マニス「賛成」
   シュワルツ「賛成」バリッシュ「反対」
   キング(フランクリン・オヘダ・スミス なんかオーラがありましたね)「賛成」

全米公開
  2012年9月28日に全米2515館で封切られ、興行収入270万ドルで初登場10位
  2500館超での公開作品としては歴代ワースト2位だったようたが、
  管理人結構期待していた作品でした。

≪ 予告編 ≫
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 マギー・ギレンホール ヴィオラ・デイヴィス  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第46位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第16位
アクセスランキングを見る>>