『Zアイランド』 2015年05月12日(火)21:05:50

出所した弟分の娘が家出
立ち回り先の島は新型の麻薬が蔓延
島民がゾンビ化していた!!

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (試写鑑賞)

哀川翔芸能生活30周年記念作品
111本目の主演映画 一般公開:5/16~
「Zアイランド」 = 銭荷島(ぜにしま) 人口12,000人(撮影は佐渡島)
「Z」は、ぜにしまの頭文字か、それともゾンビ(Zombie)の略字か

  

宗形博也(哀川翔)宗形組元組長 出所後カタギになり運送業
 子分 信也(RED RICE 湘南乃風)体重ゾロ目の111kg
弟分 武史(鶴見辰吾) 反町を撃ち損じ逮捕 懲役10年
 別れた妻 桜(鈴木砂羽) 元剣道部
 娘 日向(ひなた)(山本舞香 空手初段) 父の出所に合わせ家出 特技:格闘技
   友人 セイラ(水野絵梨奈)
   取引先 沼田鉄工所(河本準一 次長課長) 関西弁の横柄な客
      耳かきがボールペン替わり

  

竹下組 宗形組と対立
組長(小沢仁志 友情出演)
 組員 木山(中野英雄)
     反町(木村祐一) 武闘派ヤクザ
       決めセリフ「お前はもう死んでいる」
       子分 内田(大悟 千鳥) 貯金箱ハゲ
           ジョー(川島邦裕 野性爆弾) パンティフェチ

 吉田アキラ(宮川大輔)- 大村(三浦誠己)に新型のヤク売る 鼻の穴が1つになっちゃう!?
     風邪の症状 + オリジナルのヤク → 初ゾンビ
     愛人 恵(篠原ゆき子 『深夜食堂』光石刑事の部下) しげるの元カノ

銭荷島島民
 しげる(風間俊介) 軽度の病気しか診れない町医者
     ゾンビ映画に詳しく 薀蓄を語る
     看護婦 直美(シシド・カフカ 映画初出演) 元カノ 恵の二人に噛まれ死んでいく
 白川(窪塚洋介) 発砲好きな警官 グランドセフトポリス
     「なんかさぁ、もうピストルでも乱射して辞めちゃおうかなぁ
      なんて気がしないでもないんだよね」
     ”ゾンビ”という単語を使わず110番通報する場面に失笑
     セイラを守り、自らピストルを口に突っ込み自害
     老警官 伊勢崎
 作田(般若) SOS音響装置を積む漁師
     反町に撃たれ出血死

  

[壮絶な生き残りバトル]
4人(宗形・武史・桜・信也)と4人(しげる・白川・作田・セイラ)合流 日向を探す
  武史・桜がタイムカプセルを埋めた思い出の地で再会した日向は既にゾンビ化していた
  宗形が武史一家の額を打ち抜く場面から佳境へ
4人(反町・内田・ジョー・木山)末端価格5,000万円のヤク回収
  反町が木山を射殺 女好きジョーはゾンビ化した恵に噛まれる

[見所]
  □ 武史一家 父娘愛
    ゾンビ化した娘に噛まれる父親 母親も続く
  □ 生き残った者たちの連帯感・絆
    セイラを守る為、犠牲になる白川
    バイク音でゾンビを引き寄せる宗形
    瀕死の状態で漁船を操る作田
  □ 宗形 VS 反町 車上荷台での一騎打ち
    宗形 神経のない足をわざと刺させ、反撃
  □ 大型車やバイクを運転出来る登場人物が多いのも特徴
    運転を変わる場面
    大型車 ・・・ 信也・作田・内田/バイク ・・・ 宗形・信也

生き残りの3人(宗形・信也・セイラ)
  作田の漁船で生き延びる 哀川のバイク姿が格好良い
  常道なら生き残るのはセイラじゃなく日向だろう そこが品川脚本の妙か

  
  

作田の誘導で海に雪崩れ込んだゾンビ群(音に敏感なゾンビ)
  エンディングでは玉置浩二が愛情出演(特殊メイク4 ~ 5時間)
  どこぞの浜辺に上陸 ゾンビ映画の王道らしく、続編も作れそう...
  品川監督 続編執筆中
   「ヒットしないと第2弾は出来ない。書いても仕方ないんです。書いてはいますよ」


スピンオフ dTV『Zアイランド~関東極道炎上篇~』
  配信開始日:4月27日(火)※最終話配信日:5月15日(金)
  配信話数:全4話 ※1話約15分
  10年前の宗形組 VS 反町組の抗争を描く 村上淳 上地雄輔ら出演

《 人物相関図 》 (クリックで開閉)



【 品川ヒロシ監督作品 】
ドロップ スタンダード・エディション [DVD]漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]サンブンノイチ【DVDスタンダード・エディション】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 哀川翔 木村祐一 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [1件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Zアイランド〜危険ドラッグの隠し味

公式サイト吉本興業製作、哀川翔芸能生活30周年記念映画。品川ヒロシ監督。哀川翔、鈴木砂羽、山本舞香、水野絵梨奈、木村祐一、宮川大輔、窪塚洋介、鶴見辰吾、RED RICE、大悟、川島 ...

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
単純に 「ヤクザVSゾンビ」映画だったら、勘弁してよと思っていたら、
家族愛や人間的絆が描かれていて、ヒューマンドラマとして見られた。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『選挙の勝ち方教えます』 2017/08/22
『ヴィジット』 2017/08/21
『青空エール』 2017/08/21
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第49位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第19位
アクセスランキングを見る>>