『殺人漫画』 2015年04月09日(木)23:40:05

殺人漫画
WEB漫画で描かれた通りの殺人事件が
連続して実際に起き、刑事は作家を
真犯人として追い詰めるが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Killer Toon
WEB漫画を通じて亡霊の怨念が殺人を招く

カン・ジユン(イ・シヨン)WEB漫画作家 血のサイン
  作品「狂気の歴史」「黒いベール」「納棺師・チョ氏」
  メールで送信されてきた原画を改稿発表
  幻影「不思議の国のアリス症候群」
  豚舎脇道路 ミジン(16)6年前10歳の時に轢き殺される

  
  美貌の漫画家イ・シヨンの豹変ぶりが怖い

1.黒いベール
  ソ・ミスク(39)(キム・ドヨン)WEB漫画サイト”パート”編集長
  酷い傷のある母親の首吊り自殺放置
2.納棺師・チョ氏
  チョ・ソンギ(クォン・ヘヒョ)チョウン葬儀社
    警察病院 保線作業中の感電死遺体
  妻5年間介護 蘇生したのを見殺しに
  娘チョ・ソヒョン(ムン・ガヨン)亡霊の声が聞こえる
    火災後行方不明

幸福マンションの住人
  カン・ジユン チョ一家ソヒョンと知り合う
  「狂気の歴史」採用 ソヒョン反対放火 原稿の焼失を図るが...

イ・ギチョル(オム・ギジュン)プンダン(盆唐)警察署担当刑事
  部下 キム・ヨンス(キム・ヒョヌ)刑事3年目
     6年前プロポーズ時走行中女の子ミジンを轢く
     妻ジョンウン妊娠中
  女性刑事(キム・ヘウン)

≪ 予告編 ≫
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 イ・シヨン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [2件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

殺人漫画

WEB漫画が、そのまま殺人現場となる。 当然漫画家に容疑がかかるが、自殺と断定せざるを得ない状態で、そんな事件が立て続けるに起こる。漫画の不気味な絵柄と実際の事件、二つを繋ぐものは一体…? 自己保身のための人間の浅ましさや心の闇の部分が良く出ている作品でした。ホラーなのかサスペンスなのか微妙な作品ですが、冒頭から掴みはOK。 女漫画家に疑いがかけられるが、彼女は彼女で実は漫画は盗作だっ...

13-309「殺人漫画」(韓国)

人の心の欲が亡霊を呼ぶ   ある日、WEB漫画の編集長が変死体で発見される。  担当刑事のギチョルは、編集長が担当していた女流漫画家ジユンのWEB漫画に、編集長の死が予言のように描かれていたことに気づく。  その後も彼女のWEB漫画で描かれる死が次々と現実となっていくのだったが。(「allcinema」より)

コメントの投稿 [2件]

非公開コメント

>makiさん

TB有難うございました。
>結局みんな何かしら罪を背負っている。
信じられるものが存在しない造りが切ないですね。

>CINECHANさん

TB有難うございました。
>WEB漫画で死が描かれる対象の人物は、何かしら過去に
>罪を犯した者たちであるのが判ってくる。
登場人物を上手く連鎖させていました。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ヴィジット』 2017/08/21
『青空エール』 2017/08/21
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第41位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第14位
アクセスランキングを見る>>