『バトルフロント』 2015年04月10日(金)23:41:32

バトルフロント
引退した潜入捜査官が素性がバレ、
息子を殺されたギャング団に狙われる...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Homefront
シルヴェスター・スタローンの脚本は有りがちだが、キャストが良い。
原題の「ホームフロント」を「バトルフロント」に替えたのも良い判断だと思う。

舞台:ルイジアナ州レイヴィル(亡き妻の故郷)

フィル・ブローカー(ジェイソン・ステイサム
    国際警察(インターポール)潜入捜査官 辞職2年後
  娘 マディ(イザベラ・ヴィドヴィッチ)10歳誕生日会
    クロエ・グレース・モレッツみたいな魅力があり注目。
  母 昨年病死
  学校のカウンセラー スーザン・ハッチ(ラシェル・ルフェーブル)
    英読みのレイチェル・レフィブレ 彼女も管理人のお気に入りだ。
  相棒ティドー(オマー・ベンソン・ミラー)フォレスト・ウィテカー似

学校のいじめっ子 テディ(オースティン・クレイグ)
  父ジミー・クラム(マーカス・ヘスター) 清掃業
  母キャシー(ケイト・ボスワース) ジャンキー役が実に上手い
  兄ゲイター・ボーダイン(ジェームズ・フランコ)整備工 裏稼業はヤク製造
    娼婦シェリル・モット(ウィノナ・ライダー)久々だが、蓮っ葉な役が似合う
    目こぼしする保安官キース・ロドリゲ(クランシー・ブラウン)
服役中のギャング ダニーT(チャック・ジトー)
  部下サイラス・ハンクス(フランク・グリロ)ブローカー宅襲撃

≪ 魅力的な女優陣 ≫
マディ役イザベラ・ヴィドヴィッチハッチ役ラシェル・ルフェーブルキャシー役ケイト・ボスワースシェリル役ウィノナ・ライダー

≪ 予告編 ≫
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 ジェイソン・ステイサム  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [5件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バトルフロント

元麻薬潜入捜査官のフィル(ジェイソン・ステイサム)は、ある事件をきっかけに現役を引退し、一人娘のマディと亡き妻の田舎で普通の暮らしを送ろうと決意する。 そんな矢先、マディが学校でいじめっ子とケンカしたことをきっかけに、フィルは町を牛耳る麻薬密売人ゲイター(ジェームズ・フランコ)に目を付けられてしまう。 静かな生活を求めて田舎に引っ越した元麻薬潜入捜査官が、トラブルをきっかけに...

14-360「バトルフロント」(アメリカ)

2回警告したからね  元麻薬潜入捜査官のフィルは、ある事件をきっかけに現役を引退し、一人娘のマディと2人で、亡き妻の田舎で静かな生活を送ろうと決意する。  そんな矢先、マディが学校でいじめっ子とケンカしてしまう。ところが、そのいじめっ子は町を裏で牛耳る麻薬密売人ゲイターの甥だった。  これをきっかけに、ゲイターに目を付けられてしまうフィルだったが。(「allcinema」より)

バトルフロント

【概略】 娘のマディのために危険な仕事を辞め、再出発を誓った元麻薬潜入捜査官・フィル。麻薬密売人・ゲイターは、あることを目的にフィル親子を陥れていく。 アクション スターが脚本書いても面白いかどうかは別と言う事。 製作・脚本:シルベスター・スタローン×主演:ジェイソン・ステイサム。 麻薬捜査官として潜入捜査していた主人公はそんな生活が嫌になり警官を辞職し、娘と二人で田...

バトルフロント

娘がいるステイサムアクション 公式サイト http://battlefront.jp 製作・脚本: シルベスター・スタローン監督: ゲイリー・フレダー  「コレクター」 「ニューオーリンズ・トライアル

B級ステイサム~『バトルフロント』

 HOMEFRONT  インターポールの潜入捜査官だったブローカー(ジェイソン・ステイサム)は、 引退して娘と二人、亡き妻の地元であるルイジアナの田舎町に引っ越す。娘 が学校で起こしたトラブルが元で、ブローカーは町の支配者・ゲイター(ジェー ムズ・フランコ)に目をつけられる。  予告編からしてB級感満載だった本作。ジェイソン・ステイサムには固定客 ...

コメントの投稿 [6件]

非公開コメント

『バトルフロント』へのコメント

ほんと、女優陣が素晴らしかった。

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
ストーリーは在り来たりだけど、共演陣がいつものステイサム映画と違ってましたね。

>CINECHANさん

TB有難うございました。
スタローンが主人公を演じたら、キャラが強烈過ぎて
他の役が同じ配役では、霞んじゃうでしょうね。

>makiさん

TB有難うございました。
ジェームズ・フランコ演じる悪兄貴が最期まで表に立たず、
事を成し遂げようするセコさが、逆にリアルでした。

>風子さん

TB有難うございました。
ヤク製造所を爆破され、何もかも失くしたゲイターは
流石に普段の冷静沈着さを失いましたね。

>真紅さん

TB有難うございました。
スタローン脚本だからという訳ではないが、いつものステイサム映画とは
一味違いましたね。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ほとりの朔子』 2017/08/23
『選挙の勝ち方教えます』 2017/08/22
『ヴィジット』 2017/08/21
『青空エール』 2017/08/21
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第64位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第26位
アクセスランキングを見る>>