『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 2014年03月15日(土)07:19:51

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ [DVD]ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
天才一家テネンバウム家の栄光と挫折、
そして家族再生を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Royal Tenenbaums
ムーンライズ・キングダム』と同じウェス・アンダーソン監督作品
2002年の劇場公開時も観たが爆睡してしまった作品で、再見時も眠かった...
ナレーションはアレック・ボールドウィン

序章・終章を含め10章で天才一家の顛末を描く
テネンバウム家
 父ロイヤル(ジーン・ハックマン)ホテル住まい破産 → EV係
    親友ダスティ(シーモア・カッセル)ホテルマン
    執事パゴダ(クマール・パラーナ)
 母エセル(アンジェリカ・ヒューストン)考古学
    再婚ヘンリー・シャーマン(ダニー・グローバー)会計士
      連れ子ウォルター 結婚式神父階段落ち
 長男チャス(ベン・スティラー)実業家
    息子アリ、ウージ 妻レイチェル 一昨年飛行機事故死
    犬バックリー リッチーの暴走でお陀仏 代わりの犬”点火プラグ”
 長女マーゴ(グウィネス・パルトロウ)劇作家
    養女 右薬指欠損 隠れて喫煙
    夫ラレイ・シンクレア(ビル・マーレイ)神経学者
    被験者ダドリー(スティーヴン・リー・シェパード)を研究中
 次男リッチー(ルーク・ウィルソン)テニスプレイヤー
    26歳で自滅引退 船旅放浪 飼っていた鳥モルデカイ
    マーゴに好意を持っていたが実像を知り、リストカット自殺未遂

 親友イーライ・キャッシュ(オーウェン・ウィルソン)大学助教授
    共同脚本・製作兼務 マーゴと関係

ロイヤルが胃癌で余命6週間と騒ぎ17年ぶりに家族が集う
結局、エセルとの離婚に同意し、68歳で心臓マヒ(1932-2001)

【 ウェス・アンダーソン監督作品 】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 ジーン・ハックマン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『選挙の勝ち方教えます』 2017/08/22
『ヴィジット』 2017/08/21
『青空エール』 2017/08/21
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第64位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第26位
アクセスランキングを見る>>