『警視庁鑑識課 ~南原幹司の鑑定3~』 2013年08月19日(月)23:37:01

月曜ゴールデン TBS系 8月19日(月)21:00~22:54
「DNA鑑定の落とし穴!? 殺人現場に残る血痕は完全アリバイを
 持つ人物のものだった…最新科学捜査の限界か? 救いは姉妹の愛」



監督:下村優 脚本:松井信幸 下村優
出演:中村雅俊 星野真里 洞口依子 小沢真珠
シリーズ第三弾 [第一弾]  視聴率:11.3% 
警視庁鑑識課
 徳山道則管理官(佐々木勝彦)
 南原幹司警部(中村雅俊)医者の家系 洋食料理が得意
 現在公開中の映画『謎解きはディナーのあとで』でもキーパーソンを演じています
 小山内春佳(星野真里)
 中島虎吉(ダンカン)
 岡島秀樹(ドロンズ石本)水没PC再生
 真鍋あさ美(遠野あすか)指紋採取
科捜研
 山名幸子(高樹澪 53歳老けたなぁ)法医

 【付記】高樹澪略歴(H25.12.8)
 2000年12月 6歳年下のミュージシャンと離婚
 2003年4月「片側顔面けいれん」の症状が悪化し、休業。開頭手術
 2013年11月11日 同じ歳のIT企業取締役の久楽匡(くたら・ただし)と再婚

捜査一課
 貴志川淳平管理官(布川敏和)
 吉田保六係長(モロ師岡)
 刑事役には穂積ペペ・ 高野ひろゆきも(雅俊と青春してい人たち...)
 蛭子新太郎(川野直輝)遅刻の常習

タレント弁護士 唐沢洋二郎(竜雷太)
 娘・秘書 典子(小沢真珠)防犯カメラで完璧なアリバイ

小料理屋「幸」
 山口珠世(洞口依子)
   母ゆう子 入水自殺
被害者 本間直之(辻輝猛)ルポライター 刺殺体 B型
   記事「唐沢弁護士は40年前に女を捨てた」

犯行現場に残された犯人の血痕のDNA O型
容疑者典子のDNAが一致 だが完璧なアリバイがあった

典子 骨髄ドナー(提供者)登録
珠世 白血病 レシピエント(臓器を移植された人)

珠世は典子の臓器提供を受け、半分は典子のDNA
臓器提供の適合性があったとい事は姉妹の確率が高い

最先端の鑑識技術を織り込みながら進行するが
話の内容がちと、重過ぎましたね...

エンディング曲「いつか街であったなら」(いつ聴いても良いねぇ)
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 中村雅俊 洞口依子  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『セルフレス/覚醒した記憶』 2017/08/20
『ディアスポリス−DIRTY YELLOW BOYS−』 2017/08/19
最近気になるCM[25](内田有紀) 2017/08/19
『スパイダーマン:ホームカミング』 2017/08/18
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第67位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第27位
アクセスランキングを見る>>