『北のカナリアたち』 cinema-daysに拍手する

2012年 12月 07
教え子の殺人容疑を機に
20年ぶりに生徒を訪ねる元分校女教師

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原案:湊かなえ『往復書簡』の第2話「二十年後の宿題」
東映創立60周年記念作品

舞台:日本最北の地 稚内 サロベツ 利尻島 礼文島
礼文島・利尻島で極寒の冬と初夏の二期に渡りロケーション

川島はる(吉永小百合)元分校教師
  東京の図書館(館長:塩見三省)の司書を定年退職し
  草津温泉でのんびりする筈が折原刑事(石橋蓮司)が来訪
  信人から連絡はなかったか?

亡夫 行夫(柴田恭兵)大学教授 脳腫瘍で余命半年
  セリフ回しが、あぶ刑事ユージで嬉しい
  肺癌からの生還でこの役 復調がこれまた嬉しい

父 助役(里見浩太朗)もろ縁故採用だろう...

20年前分校の教え子6人 合唱練習
  結花の独唱を巡って仲間割れ
  直樹が父とスナックを経営する結花の母(藤谷文子:スティーヴン・セガールの娘)を
  巡って口論。結花は心因性失語症となる。
  バーベキューで結花が崖で足を滑らせ自殺未遂
  救助に向った行夫が溺死

□ 教え子たち
 鈴木信人(森山未來) 東京で鳶職
   吃音 塔登り 殺人容疑 言い争いの末誤殺
   中田勤務先社長(菅田俊)暴力夫 ストーカーまがいに付け回し
   奥さん(高橋かおり)と離婚が成立するが、見付かり事故死

 戸田真奈美(満島ひかり) サロベツの自然観測員
   独唱の後釜を狙っていた

 生島直樹(勝地涼) 札幌の貿易会社倒産
   結花の事故の原因は自分との口論と責め苦

 安藤結花(宮﨑あおい) 札幌の幼稚園保母
   中学高校~ずっと直樹の傍に居る
   はるの仲介で積年の溝が埋まる...手を差し出すだけで良いのだ

 藤本七重(小池栄子) 稚内の造船溶接工
   はるの不倫現場を目撃 自分も不倫の修羅場

 松田勇(松田龍平) 島の地元警官
   信人を発見 塔登り落下-意識不明

バーベキューの最中居なくなったはるは何処に...
元敏腕刑事 阿部英輔(仲村トオル)人質事件で人質を目の前で殺され
自暴自棄に。警官に格下げ。トラックが目の前に迫って来ようともへっちゃら。
吉永小百合(67)とトオル君(47)のキスシーンは余韻・語り草に!?
企画:黒澤満に柴恭兵&仲村トオルとくればあぶ刑事
若かったトオル君も小百合さんとキスシーンを演じる迄に成長(笑)

【合唱曲】
ウィーン少年合唱団も真っ青の子役たちの合唱ぶり
東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラック北のカナリアたち
オリジナル・サウンドトラック

曲目:カリンカ(ロシア民謡)
この広い野原いっぱい
クリスマス・イブ
夢の中へ
あの青い空のように
かなりや

石橋蓮司刑事の温情で廃校となった校舎で6人が合唱する場面に感動
若手俳優たちが吉永小百合を中心にまとまる。

森山:「僕らが歌うのは20年の年月を越えてどう戻ってきたのか、
共有するのかというシーン。凄く気持ち良くて良いなと感じた。」

満島:「気持ちが高揚してたんですが、優しく落ち着いた空気になった時に
吉永さんがフッと振り返られて撮影が始まって。静かだけど強くて美しかった。」

宮﨑:「はる先生の目を見ない演技はストレスだった。でも、
合唱の時に目を合わせられて幸せでした。」

松田:「6人で一緒に歌の練習をしてたんですが、実際に吉永さんが
指揮をして下さって。久々に再会したような、温かく不思議な気持ちになりました。」

吉永:「真っ直ぐ目を見てくれて本当に感動しました。この場に居合わせて良かったなと。
先生になりたいと思った事もあったので、先生冥利に尽きました」


吉永小百合出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (1件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. 「北の3部作」最終章【CM:NO.6994】
    『北の零年』(2005年)監督:行定勲 27億円
    『北のカナリアたち』(2012年)監督:阪本順治 14.4億円
    吉永小百合120本目出演作品『北の桜守』(2018年春公開予定)
    監督:滝田洋二郎 脚本:那須真知子
    共演:堺雅人 「北の3部作」最終章

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (0件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。


Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  ツイートボタンのサイズ変更      HOME     瀬尾 まいこ 著 『あと少し、もう少し』