『英国王のスピーチ』 cinema-daysに拍手する

2012年 02月 26
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]英国王のスピーチ
英国王ジョージ6世の就任には
吃音症克服と言う秘話があった...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The King's Speech

[ 王家 ]
 父ジョージ5世:マイケル・ガンボン
 兄エドワード8世(デヴィッド):ガイ・ピアース
  米女性ウォリス・シンプソン(イヴ・ベスト)と結婚退位
  「王冠を賭けた恋」…
  離婚歴のある米国女性との結婚は英国王=国教会教主には
  到底認められない事だった。
 主人公ヨーク(ジョージ6世):コリン・ファース 吃音症
  妻エリザベス:ヘレナ・ボナム=カーター
  娘 エリザベス/マーガレット

[ 取り巻き ]
 チャーチル首相(ティモシー・スポール)
 大司教(デレク・ジャコビ)

 ライオネル・ローグ:ジェフリー・ラッシュ 言語聴覚士(ドクターの資格はない)
  妻マートル:ジェニファー・イーリー/息子二人

ヨークの吃音症は多分にアガリ症もあったようですね。
只でさえ、大変なのに戴冠式、対独開戦宣告スピーチには
こんな秘話があったとは...無事に終えてホッ

第83回アカデミー主演男優賞を獲得したコリン・ファース
シャイン』(1996年)で第69回の同賞を受賞している
ジェフリー・ラッシュの演技合戦が見ものでした。

1944年にロイヤル・ヴィクトリア勲章を授与
国王個人への個人的な貢献を称えた賞だそうで
そこからもハーディ&ライオネルの信頼関係が伺われます。

コリン・ファース出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (15件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >daiさん【CM:NO.5373】
    TB有難うございました。
    言語聴覚士ライオネル氏が対王室と判っても、臆する事なく
    自らの治療法を貫き通した所が凄いと思いました。
  1. >佐藤秀さん【CM:NO.5374】
    TB有難うございました。
    兄貴がいたので安泰と思っていたのが、到底有り得ないまさかの
    王権返還でお鉢が回って来て、さぞかし大変だったと思います。
  1. >KLYさん【CM:NO.5375】
    TB有難うございました。
    「パパ!」が「陛下」と呼ばれるようになった時の
    コリン・ファースの表情が何とも絶妙でした。
  1. >ノラネコさん【CM:NO.5376】
    TB有難うございました。
    ハリウッド映画のドンパチに慣れ親しんだ管理人には、
    英国王室の物語というだけでアカデミックに思えてしまう。(汗)
  1. >まちこさん【CM:NO.5377】
    TB有難うございました。
    >自己解放と真の友情こそが、主人公を変えたのである
    まさしくその通りに思えました。

    只、最後の開戦スピーチは直に大衆の前で行っていたら
    成功していたかどうか...その後、演説を繰り返す度に
    徐々に慣れていったのでしょうね。
  1. >オリーブリーさん【CM:NO.5378】
    TB有難うございました。
    影響の大小こそあれ、国王と「一般人が持つコンプレックスとなんら
    変わらない。」
    最後まで己の治療法・接し方を変えず、その姿勢を貫き通した
    言語聴覚士ライオネル、あなたは偉い。
  1. >chikatさん【CM:NO.5379】
    TB有難うございました。
    主演の二人がまさにハマリ役。
    国王と言われれば国王だし、言語矯正の専門家と言われれば
    そう見えてしまう...名演です。
  1. >ルナさん【CM:NO.5380】
    TB有難うございました。
    >幼い頃の親子関係や乳母の虐待など
    行き過ぎた英才教育だったのか、はたまた、兄がいたので弟への教育は
    手抜きスパルタだったのか...
  1. 『英国王のスピーチ』へのコメント【CM:NO.5381】
    こんばんは!(^_^)
    コリンとジェフリーの演技は素晴らしかったですよね。
    ラストのラジオ放送は、ハラハラしたけど
    なかなか感動的でした。
  1. >ナドレックさん【CM:NO.5382】
    TB有難うございました。
    国王がスピーチ下手と言ったら、山田洋次監督作品で言えば
    寅さんが口上下手だったら、という事だものねぇ...
  1. >りおさん【CM:NO.5383】
    TB有難うございました。
    ウィキペディアによるとさすがに「脚本化は30年以上前に映画及び劇場公演の
    為に企画されたが、ジョージ6世の王妃エリザベスが、自分の生きている間は
    公にして欲しくない、と許可を与えなかった為、当時は見送られた。」ようですね。

  1. >ケントさん【CM:NO.5384】
    TB有難うございました。
    時節柄、スピーチをする機会が多かったのもジョージ6世には不運だった。
  1. >よしなさん【CM:NO.5385】
    TB有難うございました。
    ジョージ6世の吃音症とは異なるが、人の上に立つ者の演説は聞き取り易いに
    越した事は無い。当地の某市長は名古屋弁を売りとするが、
    だぎゃーの連発は聞いている者にとって如何なものか...
  1. >真紅さん【CM:NO.5386】
    TB有難うございました。
    コリン・ファースの主演男優賞受賞。どちらかと言うと目立たない役柄が多い為、
    中々、メインで注目を集める事は少なかった気がする。
    この作品に巡り合えたからこその受賞とも言えるのではないか...
  1. >愛知女子さん【CM:NO.5387】
    TB有難うございました。
    英国王ならずとも「苦手はものを克服」する姿に共感を呼ぶ。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (14件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (14件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作「英国王のスピーチ」。威厳と繊細さを同時に ...
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
「英国王のスピーチ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞 2011-027 シャンテでは収容人数が少ないのでどこでやっているかと思えば六本木で上映中。 なので、レディースデーの六本木へ。 明日の「ツーリスト」のプレミアに並ぶお嬢さん方が10数人。 3月とはいえ...
アカデミー賞の作品賞、監督賞、 主演男優賞、脚本賞の4冠を 達成した話題作。 アカデミーとはあまり相性が 良くない!私ですが 今回は納得の作品です。 コリン・ファースの演技も 素晴らしかったです。 幼いころから、吃音(きつおん)に悩んでいた 英国王ジ?...
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH 2010年/イギリス、オーストラリア/118分 監督: トム・フーパー 出演: コリン・ファース/ジェフリー・ラッシュ/ヘレ...
★★★★  11日に池袋でこの映画を観ていたときに、東北・関東大震災が起こった。それでこの映画は約半分しか観ていないのだ。それ以来3週間の間は、余震が怖くて映画館に行くことが出来なかった。 だが本日意を決して、再度この映画を観直すことにしたのである。しかし
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
【ネタバレあり】 第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。4部門!Σ( □ ;) 脚本賞はこちら。脚色賞は「ソーシャル・ネットワーク」 イギリス王ジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)の史実がもとです。 ...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『ギャラリー』      HOME     第84回米アカデミー賞(2011年度)