『ドラゴン・タトゥーの女』 cinema-daysに拍手する

2012年 02月 20
名誉毀損で敗訴した雑誌記者が
大財閥から40年前に起きた
一族の娘失踪事件の捜査を依頼される...

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)

原作:スティーグ・ラーソン 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女
原題:The Girl with the Dragon Tattoo

[ 知らんかった ]
・ スウェーデン映画『ミレニアム』のハリウッドリメイクです。
・ 原作『ミレニアム』シリーズは三部作で映画も続くようです。

[ 鑑賞ポイント ]
・ ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)の取引条件
  ヴァンゲル社の元社員だったエリック・ヴェンネルストレム
 (ウルフ・フリバーグ)の弱みを教えて貰う事
  実は35年前のネタだったので使い物にはなりませんでしたが...
 
・ ヴァンゲル財閥の家系
 ヘンリック元会長(クリストファー・プラマー)の依頼
  40年前16歳で失踪したハリエットの行方探し
  毎年誕生日に押し花を贈ってくるのは誰か
  弁護士ディレク・フルーデ(スティーヴン・バーコフ)
 長兄ゴッドフリード(1965年死去)
  息子マルティン(ステラン・スカルスガルド)
  娘ハリエット(40年前16歳で失踪)
  ※従姉妹アニタ(ジョエリー・リチャードソン)の手引き
 次兄ハラルド(ペル・マイヤーバーグ)

・ 未解決の猟奇連続殺人事件
  ハリエットの日記に書かれた名前と数字=聖書の数節
  ※ミカエルの娘ペニラ(ジョセフィン・スプランド)のヒント  
  財閥内のナチスの残党の仕業

・ リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)の生い立ち
  12歳で父親に80%の火傷を負わせ後見人付きに(現在23歳)
  後見人ホルゲル・パルムグレン(ベント・C・W・カールソン)脳卒中
  後任ニルス・ビュルマン(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)変態エロ親父

[ こんな人も出演 ]
・ 月刊報道誌『ミレニアム』の共同出版人エリカ役にショーン・ペンと離婚
  ペンが取れたロビン・ライト
・ クリストファー・プラマーの若き日役で嘗ての美形ジュリアン・サンズ
・ リスペットの一晩のお相手ミリアム・ウー役は『MAXX!!!鳥人死闘篇』で
  取り上げたエロディー・ユン

[ リスベットの変貌 ]
 リスベット役は『ソーシャル・ネットワーク』でミニー・ドライヴァー似と評したルーニー・マーラ
 『蛇にピアス』の高良健吾ばりにピアスとTATOO を施し、エロ親父とも体当たり演技を見せ
 アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
 『ザ・シューター 極大射程』で紹介したケイト・マーラは実姉である。
 ミカエルから5万クローネを借り、変装。お得意のハッカー技術を駆使し
 ヴェンネルストレムのケイマン諸島にある約30の隠し口座から20億ユーロを奪取

 クリスマス、ミカエルの為にライダースジャケットを新調するが
 娘と過ごす筈のミカエルがエリカと出掛けるのを見てゴミ回収箱に
 投げ込み走り去るリスベットが妙にいとおしい...

ダニエル・クレイグ出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (9件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >KLYさん【CM:NO.5388】
    TB有難うございました。
    >膨大な人数が登場するヴァンゲル家の人間関係だ。...誰が誰だか実に解りにくいということ
    寝不足の頭で鑑賞すると、付いて行けません。
  1. >ノラネコさん【CM:NO.5393】
    TB有難うございました。
    『セブン』みたなシリアルキラーが登場。
    実際にそんな事件が度々、起きていたのかな...
  1. >オリーブリーさん【CM:NO.5394】
    TB有難うございました。
    『人生はビギナーズ』で助演男優賞を獲得したクリストファー・プラマーが
    依頼人の符号として出演していました。
    奇抜な容姿で登場したルーニー・マーラは1985年生まれの26歳。
    これからどんな役柄を演じていくかが注目。
  1. >かのんさん【CM:NO.5395】
    TB有難うございました。
    >ミカエルのためにライダースジャケットをあつらえながらもある場面を
    >目撃してプレゼントすることが出来なかったリスベット。
    全編暗い展開の中で、この場面が哀しくはあるけれども、
    ほのぼのとした感情の発露として際立ちましたね。
  1. >ハリーさん【CM:NO.5396】
    TB有難うございました。
    コールタールの海に人間が溶けているかの様なオープニングタイトルに、
    何だこりや、と思いましたが、リスベットの悪夢を実体化させたものだそうです。
    こんな夢が毎晩出てきたら、参っちゃいますよね。
  1. >真紅さん【CM:NO.5397】
    TB有難うございました。
    原作・オリジナル版を全く知らない管理人ですが、
    この後、リスベットは手にした大金を利用して何かやらかすんですかね。
  1. >たおさん【CM:NO.5398】
    TB有難うございました。
    >再映画化の話を聞いた時は舞台が舞台だけにマックス・フォン・シドーが演じる
    >ものと思っていたヘンリック役にクリストファー・プラマー
    今年のアカデミー助演男優賞がクリストファー・プラマー 『人生はビギナーズ』
    VSマックス・フォン・シドー 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
    となったのも興味深い。
  1. >りおさん【CM:NO.5404】
    TB有難うございました。
    >リスベットってもう少しとんがっていて、触れたら針を立てるハリネズミ
    >みたいなイメージ
    そうなんですかぁ。映画でもかなりとんがっているように見えましたけど、
    あんなもんじゃないんですね。
  1. 『ドラゴン・タトゥーの女』へのコメント【CM:NO.5415】
    コメントありがとうございました。

    時間がありましたら、オリジナル版もぜひご覧ください。
    見比べてみるのも面白いですよ。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (8件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (8件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダニ...
パンク少女の純情。 スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...
スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事を暴き、名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。 そんな時、国内有数の...
世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッ ...
デヴィッド・フィンチャー監督の『ドラゴン・タトゥーの女』を観ました。
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売…
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 2011年/アメリカ/158分 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演: ダニエル・クレイグ/ルーニー・...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『DEAD OR ALIVE FINAL』      HOME     『みんな私に恋をする』