『義兄弟 SECRET REUNION』 2011年12月25日(日)18:14:38

義兄弟~SECRET REUNION~
国家情報院をクビになった男と
北朝鮮から見捨てられた工作員が
互いの胸中知り次第に心を通わす...

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Secret Reunion
仁侠映画のようなタイトルだが事件から6年後、二人は再会
ジウォンは本国から妻娘を呼び寄せる資金稼ぎの為
ハンギュの仕事「国際タスクフォース」で人探しを手伝う事になり、
二人は少しずつ、互いの心情を分かり合うようになる。

報告を怠りチームで独走、部下を死なせた責任を取り
辞職したチーム長イ・ハンギュ:ソン・ガンホ
 別れた妻はイギリス人アルバートと再婚
 娘ユンジもエイミーと改名ロンドンに住む

党の序列43位の工作員”影”(チョン・グクァン)と同行
テスン(ユン・フィソク)の裏切りで任務に失敗
本国に帰国出来ず指名手配となった北工作員
ソン・ジウォン:カン・ドンウォン
 メールコード:チャムスリ7号/偽名:工員パク・キジュン
 本国に妻と娘を残し人質とされている

党の指示とは別に変節者の処刑を行う”影”
テスンが殺され、”影”に随行するジウォン。
次のターゲットは統一政策研究所チ・ミョンフン教授(クォン・ボムテク)

車の追突事故から辛くも逃げたチ教授を
”影”とジウォンがビルの屋上に追い詰める。
腕時計に仕掛けたGPSを追ってハンギュ&情報院も到着

ハンギュを背後から”影”の銃が狙う。その前に、
ジウォンがナイフでハンギュを刺す。
何度も刺し、絶命したかに見えたが...
ジウォンの偽装だった。”影”がチ教授を射殺。
”影”の独断の処刑を知ったジウォンは”影”と格闘
共に屋上から落下。不死身の”影”がジウォンを仕留めようとする
その時、ハンギュが現れ窮地を救う...

ハンギュの部屋で旧盆の飾り。
仏壇に参る二人はまさに”義兄弟”

重傷を負ったジウォンも一命を取り止め、妻娘を呼び、
ハンギュを娘に会わせる為、ロンドン行きの航空券を贈るのだった。

ジウォン役カン・ドンウォンは、初見が『オオカミの誘惑』(2004年)だったと思うが、
その後も殆ど印象が変わりません。
何となく雰囲気が岡田准一に似ているような気がするのは、管理人だけ!??

ソン・ガンホ出演作品 】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 ソン・ガンホ カン・ドンウォン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。

トラックバック [6件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

義兄弟 SECRET REUNION

公式サイト。チャン・フン監督、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、チョン・グックァン。韓国と北朝鮮のスパイ戦なので派手なアクション映画と思いがちなのだけれど、むしろ国家間 ...

義兄弟 SECRET REUNION/???

韓国の国家情報院をクビになった男と北朝鮮から見捨てられたスパイ、2人の男は偶然出会いお互いの素性を隠しながら行動を共にする。次第に芽生える友情と宿命の間で葛藤する姿を描いたサスペンスドラマだ。主演は『渇き』のソン・ガンホと『M(エム)』のカン・ドンウォ...

義兄弟 SECRET REUNION

北朝鮮の工作員として韓国に潜入していたソン・ジウォン(カン・ドンウォン)は、“影”と呼ばれる暗殺者(チョン・グックァン)と裏切り者である金正日の身内を葬る指令を受ける。 工作員を追う国家情報員の...

義兄弟 SECRET REUNION/ソン・ガンホ、カン・ドンウォン

『映画は映画だ』のチャン・フン監督が韓国の元国家情報員と北朝鮮のスパイの交錯する運命のドラマと二人の間に芽生える絆を独特のユーモアを交えて描いたというアクション・ヒュ ...

義兄弟 SECRET REUNION

義兄弟~SECRET REUNION~ [DVD]互いに敵同士の男たちの不思議な絆を、緊張感の中にユーモアとペーソスを盛り込んで活写した、南北ドラマの佳作だ。国家の裏切者を葬るため、北朝鮮の工 ...

結ばれた絆~『義兄弟』

 SECRET REUNION  国家情報院の対北スパイ活動員イ・ハンギュ(ソン・ガンホ)は、「影」と呼ばれ る北の大物工作員の追跡に失敗し、解雇される。6年後、探偵稼業で糊口をし のいでいたハンギュ...

コメントの投稿 [6件]

非公開コメント

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
旧体然のままの殺人マシーン”影”を、党としても
持て余しいたかもしれませんね。

>KLYさん

TB有難うございました。
事件後、アッと言う間に6年飛びますが、
その間の二人の生活は困窮を極めたと思います。
人生再出発するには6年くらいは要するかな...
二人が心を通い始めてラストビル落ちまでが秀逸です。

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
独立後のソン・ガンホのコミカルオヤジぶりと
カン・ドンウォンのストイックな工作員ぶりが
序々にクロスしていく過程が絶妙でした。

>かのんさん

TB有難うございました。
主演二人のキャラの違いがストーリーに深みを与えました。

>まちこさん

TB有難うございました。
いつもどこでも、疑心暗鬼。誰も信じられない。
誰にも頼る事が出来ない。そこでしか生きられない
自分に疑問や不満を抱く事すら許されない。
時にはそれが死を招く過酷で非情な世界。

それだからこそ裏腹に信じられるもの
頼れるものを渇望していたのかもしれない。

>真紅さん

TB有難うございました。
ソン・ガンホは全身全霊、体を張って生きる男を演じさせたら秀逸です。

 商品検索

タグ [上位30件]



カテゴリ&月別一覧
 
最新記事一覧
『ドント・ブリーズ』 2017/08/17
『メカニック:ワールドミッション』 2017/08/16
『ホワイト・バレット』 2017/08/15
『淵に立つ』 2017/08/15
『シェル・コレクター』 2017/08/14
『君の膵臓をたべたい』 2017/08/14
『殺されたミンジュ』 2017/08/13
『ボーダーライン』 2017/08/12
『嗤う伊右衛門』 2017/08/12
『偉大なるマルグリット』 2017/08/12
週間人気記事
Trackback
Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第81位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第36位
アクセスランキングを見る>>