『ナショナル・トレジャー』 cinema-daysに拍手する

2005年 03月 20
『ナショナル・トレジャー』
 ブラッカイマー、ケイジのヒットコンビが放つ
 トレジャー・ハント・ムービー。

 ジョン・タートルトーブ監督はアクション映画初挑戦
 だが、アクションにオリジナリティ・緊迫感に欠けた。
 連鎖的な謎解きもちょっとクドかった。

 【個人評価:★★★ (3.0P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

【 ニコラス・ケイジ出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (5件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. かっこよかったです(*^_^*)【CM:NO.4】
    大きなスクリーンでショーン・ビーンが見たい!もうそれだけの理由で見に行ってきました。
    私的には映画を見に行く最も純粋な動機なんですが(爆)
    ストーリーは・・・宝探しなので、あまり深く考えなくてもいいんじゃないでしょうか?
    でも、ニコラス・ケイジがこんなにかっこいい映画も初めてでした。
  1. >junkoさん【CM:NO.5】
    TB有難う御座います。

    ショーン・ビーン、ハーベイ・カイテルは渋かったですね。
    トレジャー・ハント・ムービーは世界各国、秘境の冒険を
    楽しませてくれます。
    ヒット状況からすると、シリーズ化も有り得ますね。
  1. こちらも【CM:NO.297】
    こちらもTBありがとうございます。
    確かに謎解きくどかったですね。
    ただ、自分も小さい頃近所の山に突入して「トレジャーハント?!」していたので、なんだか、ドキドキして見てしまいました!!
  1. >marusさん【CM:NO.304】
    コメント、TB有難う御座いました。
    直後に公開されたトレジャー物『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』
    よりは、数段良かったです。
    [ブルース・リー]
  1. 続編【CM:NO.898】
    『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』(H19.12/21公開)
     監督:ジョン・タートルトーブ
     共演:ヘレン・ミレン

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (3件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

ジェリー・ブラッカイマー製作ので。。。で何時も監督は陰になってしまうなぁ。序盤は眠ってしまうかな?と心配だったが、そうでもなく、最後まで観ることが出来た。 ディズニーが製作会社だから血とか死人があまり出ない物語で、昨今の映画ではそこがとっても貴重な映画だ
大きなスクリーンでショーン・ビーンが見たい!というとっても純粋な動機?で見に行ってきました。この手の映画の場合、宝を横取りしようとする悪者は大抵途中で死ぬのですが…そんなことも無く最初から最後まで出ずっぱり(笑)ニコラス・ケイジがこんなにかっこよく見えた
監督 ジョン・タートルトープ 出演 ニコラス・ケイジ 、ハーヴェイ・カイテル 、ジョン・ボイト 、ダイアン・クルーガー 、ショーン・ビーン

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  『オオカミの誘惑』      HOME     渡辺 祥子 著 『映画とたべもの』