『アンストッパブル』 cinema-daysに拍手する

2011年 01月 30
『アンストッパブル』有毒化学物質を積んだ貨物列車が
ブレーキ故障のまま無人で暴走
解雇予告されたベテラン機関士と新米車掌が
脱線大惨事を防ぐ為、制御に向う...

個人評価:★★★★ (4.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:Unstoppable

2001年5月にオハイオ州で実際に起きた貨物列車暴走事故をもとに
制作されたという事に驚く。
列車の暴走を描いた作品としては、黒澤明監督の原案を元に
製作されたアンドレイ・コンチャロフスキー監督の『暴走機関車』('85)が
思い出される。こちらは、ジョン・ボイトとエリック・ロバーツが停めた。

ベテラン機関士フランク・バーンズ役にデンゼル・ワシントン
トニー・スコット監督とのコンビは5作目となる。
  『クリムゾン・タイド』『マイ・ボディガード
  『デジャヴ』『サブウェイ123 激突
いずも緊迫した駆け引き描いたアクション作品で管理人としてはハズレがない。
今回は娘たちから軽んじられ、職場からも退職を勧告されている老いぼれの設定だが
長年のキャリアから職務に精通したベテランぶり見せる。

新米車掌ウィル・コルソン役に『スター・トレック』のクリス・パイン
妻ダーシー(ジェシー・シュラム)と別居、子供との面会も制限を受けている。
「生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。」

操車場長コニー・フーパー役にロザリオ・ドーソン
上司ガルビン(ケヴィン・ダン)の制止も聞かず、二人を助ける男気のある役柄が良く似合う。
この二人の活躍も忘れてはならない。
最後まで列車と併走した溶接工ネッド(リュー・テンプル)
たまたま安全教室で操車場を訪れていた連邦鉄道局員ワーナー(ケヴィン・コリガン)

そして今回の事件の発端となった二人
太っちょ運転士デューイ(イーサン・サプリー)
デューイの相棒機関士ギリース(T・J・ミラー)
事の重大さにビビったでしょうね。
もし大惨事になっていたら、クビだけでは済みませんよ。
会社自体も潰れていたかも...

上映時間98分 1分たりとも目を離せないノンストップ・アクションムービー
久々の管理人イチオシ4星作品です!

デンゼル・ワシントン出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (8件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >KLYさん【CM:NO.4821】
    TB有難うございました。
    実際に起こった事故をモデルにしたお話でしたが、
    車と列車の飛び移りなんかはホントにあったのか、
    気になりました(笑)
  1. >むらさん【CM:NO.4822】
    TB有難うございました。
    二人の活躍をスーパーヒーローとして描くのではなく、
    引退間近かなオヤジと妻から三行半を突き付けられてる
    ダメ青年の最期の一頑張りとして描く事により更に共感を呼ぶ。
  1. >ナドレックさん【CM:NO.4823】
    TB有難うございました。
    ロシアとか、米大陸とかなら考え付くかもしれませんが、
    狭い日本でそれを思い付く黒澤は流石である。
  1. >風子さん【CM:NO.4824】
    TB有難うございました。
    息をもつかせぬアクションのつるべ打ち。
    正にトニー・スコット監督の真骨頂ですね。
  1. >オリーブリーさん【CM:NO.4825】
    TB有難うございました。
    職場ではよく見られる老若の確執。何も無ければ
    心通わせる事もなかった二人が大事に向って
    心を一つにして行く過程が素晴らしかった。
  1. >はっしぃさん【CM:NO.4826】
    TB有難うございました。
    今年1本目の劇場鑑賞作品としてのチョイスは間違っていませんでした。
    ※管理人もUPはかなり遅れましたが1月8日に鑑賞
  1. 『アンストッパブル』へのコメント【CM:NO.4827】
    凄かったですねぇ。
    かな~り熱中しました。なるほど宇宙行かなくても
    地上でもここまでハラハラドキドキできるんだ。(笑)
    しかしそれにしても、映画もですが、事実の方もいかに
    もアメリカらしいというかね…^^;
  1. 『アンストッパブル』へのコメント【CM:NO.4832】
    こんばんは~TB、コメントありがとうございました。

    こちらは新しい年の幕開けとして、満足のいく1本でしたね。
    久しぶりに娯楽映画らしい映画でした。
    デンゼルはいつも存在感と大らかさと深みがあって、正義感ある頼れる男がピッタリですね。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (6件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (6件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン
作品情報 タイトル:アンストッパブル 制作:2010年・アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン あらすじ:操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃...
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
映画を鑑賞しました。秊 2011-01『アンストッパブル』(更新:2011/01/08) 評価:★★★★☆(★★★★★との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の2本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 これは素直な物語だけど面白…

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  「映画予告編」コーナー設置      HOME     『つむじ風食堂の夜』