カルロス・カスタネダ 「力の物語」扉詞より 2009年12月12日(土)10:02:24

「愛と涙の女優伝説 大原麗子の真実!」 H21.12.11.PM21:00-(テレビ東京系)
今年8月に亡くなった大原麗子さんがサイドボードに残していたメモ

孤独な鳥の五つの条件
 一つ、孤独な鳥は高く高く飛ぶ
 二つ、孤独な鳥は仲間を求めない
          同類をさえ求めない
 三つ、孤独な鳥は嘴を天に向ける
 四つ、孤独な鳥は決して決まった色を持たない
 五つ、孤独な鳥は静かに歌う


未知の次元―呪術師ドン・ファンとの対話
スペインの16世紀の宗教家・詩人「サン.ファン・デ・ラ・クルス」の言葉で
カルロス・カスタネダが『未知の次元 - 呪術師ドン・ファンとの対話』の冒頭で
この詩を引用
学の無い管理人は「カルロス・カスタネダ」を知らないのですが、
ブラジル生まれのアメリカの作家でネオ・シャーマニズムのリーダー的存在
だそうです。『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

「9日間、命ありながら動けず」孤独に亡くなった彼女の最期を思うと切ないですね。
生前、大原麗子は「死んだら、鳥(鷹)か、風になるんだ」と言っていたそうである。
(改めて、合掌)
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 大原麗子  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2014年08月06日(水)19:39:45 このページのトップへ

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

カルロス・カスタネダ 「力の物語」扉詞よりへのコメント

TVのおかげでとても素晴らしい言葉を知り、すぐにメモ。そして検索してこのHPがあるのを知って感動しました。
 私の年齢よりはるかに若い知人は素晴らしい実行力、アイデア、そしてファイトのある青年で、やがて起業して飛び発つ人です。同性ながら彼のためなら命を投げ出しても・・・とさえ思っている人です。このHPからコピーしました。彼に渡します。ありがとう!!

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事一覧
『ホワイトアウト(2009)』 再見 2017/09/19
『だれかの木琴』 2017/09/18
『ゴッド・スピード・ユー! 』 2017/09/17
米俳優 ハリー・ディーン・スタントン 死去 2017/09/16
『Seventh Code セブンス・コード』 2017/09/15
『古都(2016)』 2017/09/14
長沢芦雪展 2017/09/14
「お気に入り」を上まで移動する方法 (IE11) 2017/09/13
『最終兵器 ムスダン』 2017/09/13
『ダイ・ファイティング』 2017/09/12
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第82位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第35位
アクセスランキングを見る>>