『陰日向に咲く』 cinema-daysに拍手する

2008年 01月 29
『陰日向に咲く』
 劇団ひとりの処女作にして75万部を超える
 ベストセラー小説の映画化
 登場人物9人の人生が終焉に向け交錯する

 【個人評価:★★★ (3.0P)】 『 映画雑感 』

宮崎あおいが上手い...上手くなった。
二役だが、特に母親鳴子の漫才・方言が良かった。

エリートビジネスマンのリュウタロウ(三浦友和)が、
大吹きのホームレス”モーゼ”(西田敏行)に憧れ、
全てのシガラミを捨て世捨て人となろうとした心情が判らなかった。

伸也(岡田准一)がジュピターの死に遭い、置き手紙とナケ無しのお金を
手にした時、状況を斟酌しない大家(根岸季衣)に吼える場面は、
もう少し間を持たせる事によりもっと感動的な場面になったように思う。

寿子(宮崎あおい)が元支配人(本田博太郎)からジュピターの
居所を聞き、訪れた部屋にモーゼが居る状況は不自然ではないが、
伸也まで居る事に驚く場面が欲しかった。

モーゼ=雷太(伊藤淳史)は中々、読めないだろうなぁ。
アイドルオタク雄介(塚本高史)と売れないアイドルみやこ
(平山あや)のエピソードが、10年経っても変わらない
小六の初恋に結実の兆しが...という事だろうが、
見ている方としてはどうもシラけた。

モーゼが放浪生活に入ったのは、ジュピターが息子の健一を2歳で
亡くした後だったろうなぁ。
しかし、健一はモーゼの子と言及されてなかったから、
米兵スティーヴの子だった可能性もある訳だ...

【 岡田准一出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (15件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >asphaltさん【CM:NO.1263】
    TB有難うございました。
    伸也がバス会社の所長(北見敏之)から借りた金が
    社員のカンパによるものだと聞かされた時の無常感は
    堪りませんでした。
  1. >テクテクさん【CM:NO.1264】
    TB有難うございました。
    人間誰しも、何かしら弱い部分を抱えて生きている...
    「きっと明日は晴れる」と信じて生きてるんですよねぇ。
  1. 塚本高史初主演映画【CM:NO.1265】
    アイドルオタク雄介役塚本高史が映画初主演
    『イエスタデイズ』(今秋公開予定)
     原作:本多孝好 『FINEDAYS』
     監督:窪田崇
     共演:國村隼
     製作:サンミュージック
  1. >kossyさん【CM:NO.1266】
    TB有難うございました。
    アイドルオタク雄介の「荒らしのような書き込みシーン」
    その文才に感嘆。ファン心理は有難くもあり、恐ろしくもあり...
  1. >フープさん【CM:NO.1267】
    TB有難うございました。
    ストーリーとしては、独立している雄介&みやこのエピソード。
    管理人としては”浮いたかなぁ”と思ったのですが、
    全体的に好意的なプレビューが多いですね。
  1. >BROOKさん【CM:NO.1268】
    TB有難うございました。
    伸也のオレオレ詐欺ですが、あれは彼が自発的に行ったんですかねぇ。
    最初は、池内万作演じる取立屋の指示かと思ったのですが...
  1. >なぎささん【CM:NO.1269】
    TB有難うございました。
    管理人は伸也がジュピターの手紙を読み、大家に激昂する
    場面が一番好きですね。
    雷太が鳴子に会いに行く場面では、老けた鳴子を誰が
    演るのぉ~と興味津々でしたが、上手くかわしていました。(笑)
  1. >たいむさん【CM:NO.1270】
    TB有難うございました。
    脚本をもう少し工夫すれば、各エピソードを更に感動的な
    シチュエーションに持って行けたかなとは思います。
    モーゼ演じる西田敏行は、竹中直人同様、最近、
    ワンパターンキャラに見えてくるのは管理人だけだろうか...??
  1. >ミチさん【CM:NO.1271】
    TB有難うございました。
    「どうしようもなくダメに見えても、その人の中にとっても純な部分とか
    優しい部分がある」愛すべき人たちの物語ですよね。
    本田博太郎氏の怪演は、この作品に合っているかどうかは
    別にして、支配人から年老いても映写技師として映画に
    関わっているというキャラが嬉しかったですね。
  1. >紫さん【CM:NO.1272】
    TB有難うございました。
    原作は未読ですが、「寿子=小西真奈美」版をTVドラマ化
    なんかで見てみたいですね。
    「みゃーこ=平山あや」は『バックダンサーズ!』の彼女の
    イメージがあり「ふりむキッス」はないんじゃないの!!と
    思いましたが、
    “崖っぷちアイドル・みゃーこ”こと、武田みやこのデビューシングル!
    として限定配信されている事を知り驚きました...!!!
  1. >きららさん【CM:NO.1274】
    TB有難うございました。
    父親に借金を肩代わりして貰った上、会社の上司からも
    借金している崖っぷち人生...にも拘らず、懲りずに
    嵌まり込むパチンコ狂。今回の試練で脱出出来るかな!?
    どん底まで堕ちて、人生の辛酸を嘗め、性根を入れ替えなければ、
    同道廻りで、何時まで経っても駄目人間のままだ。
  1. 原作本ミリンオンセラーに【CM:NO.1275】
    劇団ひとりの原作が2月1日、'06年の初版より2年かけて
    54刷100万部を記録した。
    幻冬舎の創設14年で14作目のミリオンセラーとなった。
  1. >たましょくさん【CM:NO.1276】
    TB有難うございました。
    2歳で亡くなった健一が誰の子か気になりますよね。
    オフィシャルブックの緒川たまき談を読むと
    ジュピターと雷太は関係を持たなかったようなので
    二人の子供ではないようです。
  1. >かっぱさん【CM:NO.1277】
    TB有難うございました。
    台風一過。雨降って地固まる。ってか...
    西田敏行が喪服姿で公園に戻るラストカットは、偶然にも
    実際に彼の母親が亡くなった際に撮られたそうです。
  1. >pocky7777さん【CM:NO.2916】
    TB有難うございました。
    著者劇団ひとりと大沢あかねの結婚決定。
    おめでとうさんです。益々の活躍を期待したいですね。

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (13件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (13件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

2008年。「陰日向に咲く」製作委員会。  平川雄一朗監督。劇団ひとり原作。 ベストセラー小説(読んでいない)の映画化で、5つの中短編をひとつにまとめて脚本化したものらしい。 予告編を見ているときから予感があ
お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー小説を映画化した作品です。
『木更津キャッツアイ』の岡田准一と塚本高史、『純情きらり』の宮崎あおいと三浦友和、『釣りバカ日誌』の西田敏行と平山あや。一見、関係ありそうな彼らが微妙に繋がらない・・・
やばい(いや、やばくない)、泣けた! 『陰日向に咲く』1月26日公開。バス運転手の男。ギャンブルで借金を重ね、ついにオレオレ詐欺に手を染める。彼が浅草で出逢った女。かつて漫才コンビを組んでいた母の思い出を探す。秋葉でイベントをするがけっぷちアイドル。集まっ
 「陰日向に咲く」を鑑賞してきました劇団ひとりの同名ベストセラー小説を映画化。理想はあれど、現実はそううまくはいかないという9人のダメダメな人々の物語。東京の片隅に生きる人々それぞれの物語をすくい取った群像劇。岡田准一、宮崎あおい、西田敏行など多彩なキ..
JUGEMテーマ:映画2008年1月26日 公開            「ふりむキッス」歌:武田みやこ(平山あや)       「来てくれて、うれしいドロ~」はぁ~っ、なんかねぇ、良かったですよぉ。うぅ~ん、なんかねぇ、泣け!っていう作りじゃないのに・・・私は
それぞれが主役のような別々のエピソードでの複数の登場人物が微妙に少しずつ交差し、やがては思わぬ方向で繋がりを見せていく物語。原作は未読。一応映画では、基本的に岡田君演じる”シンヤ”が中心に描かれ、ほと
試写会にて「陰日向に咲く」劇団ひとりの同名小説の映画化。 おはなし:借金まみれのシンヤ(岡田准一)はオレオレ詐欺に手を出すが、相手の老婆と仲良くなってしまい金を奪えない。ゆうすけ(塚本高史)は崖っぷちアイドル(平山あや)を追いかけている。エリートビジネス
今年公開の邦画作品で観たかったモノのひとつ、「陰日向に咲く」を観てきました。まだ映画化を知らない時期に原作本を読み、芸人としても他と一線を画している感があった劇団ひとりの才能の一端に驚いていたのです。やっぱ映画化しましたねー、しかも決まったキャストはジャ
  ☆公式サイト☆東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。人気お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー処女小説を基に、『その時は彼によろしく』の平川雄一朗監督が映像化した。夏の日の東京。ギャンブル
 評価:◎          即席感動群像劇度:55% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらな...
不器用でカッコ悪い9人の陰日向に生きることは・・・
本日は終日雨。「陰日向に咲く」を自宅鑑賞しました。2回目です。 最初観た時は、複数の物語展開(マルチスレッドと言うんでしょか)の...

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  乃至(ないし)      HOME     『やわらかい生活』