『ダイ・ハード4.0』 cinema-daysに拍手する

2007年 07月 01
『ダイ・ハード4.0』
 1作目から19年、3作目から
 12年振りのシリーズ最新作
 ジョン・マクレーン刑事が
 サイバーテロに巻き込まれる。

 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 『 映画雑感 』


サイバーテロ集団の紅一点マイ役マギーQが『M:i:III』に続き活躍。
マギーQ

ジョン・マクレーンは戦闘機F-35とバトルを演じるが、
それでは人間味が無くなり超人過ぎる。
彼はヘリの操縦も出来たっけ!??

《 投げ売り FireSale 》
 国のインフラに対する組織的なサイバー攻撃を意味する
 ハッカーのスラング
 段階的サイバーテロ
  ・第1段階 … 交通麻痺
  ・第2段階 … 公共金融機関の停止
  ・第3段階 … ガス・水道などのライフラインの断絶


【 ブルース・ウィリス出演作品 】

【スポンサーリンク】
 



Loading …

 劇場映画鑑賞(10件)  Google AJAX Feed API サービス終了に伴いjQuery使用に変更 (^^;)



 Comment 投稿欄
コメント大歓迎。投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


装飾文字・キャラクター絵文字をお使いの場合は下記の「プレビュー」ボタンを
クリック頂くとこちらで表記をご確認頂けます。


任意 : 後から修正や削除が可能
 非公開コメントとして投稿 (管理人にのみ公開)
   



Comment (4件) 皆様からのご意見・ご感想
 現在のところ、コメントはありません。

  1. >hiralynさん【CM:NO.976】
    TB有難う御座いました。
    サイバーテロ、どれか1つでも大事件ですよね。
    2-3年後にはシリーズ「5.0」を観たいものです。
  1. TBお願いします【CM:NO.1011】
    TBどもです、このブルースウィルスの勢いなら老人になってもシリーズを続けていそうです、マクレーンの娘もかなりDNA引き継いでるようだったし、続編が楽しみです。ところで俺が始めてTBさせて頂いたブログがこちらだったような気がします。TBよろしくお願いします。
    [ゴジラ]
  1. >kinponさん【CM:NO.1013】
    CM、TB有難うございます。
    刑事ものでは『ダイハード』と『リーサル・ウエポン』の
    新作が出来ないかと期待していたので、マクレーンの
    久々の復活は嬉しかったです。
    [クリント・イーストウッド]
  1. マギー・Qの新作【CM:NO.1526】
    『Deception』
    ユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマン主演の
    サスペンス作品
    彼女は高級娼婦役で、黒レースの妖艶な下着姿を見せ、
    ユアン・マクレガーとの濃厚ベッドシーンにも挑戦している。
    http://www.recordchina.co.jp/group/g17935.html

「返信」ボタンを押すとタイトル欄に
相手方の名前が入った投稿欄に切り替わります。

Thanks for Comments 


 Trackback (2件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
   
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック大歓迎。
 但し、記事と無関係と思われるものは、削除させて頂きます。


Trackback (2件) 他のブログの批評・感想・レビューを紹介
 現在のところ、トラックバックはありません。

来週公開作は、いろいろ見たいのがあるので、こちらは先行上映で見る事に。予告編見てる限りでは、だいぶ迫力ありそうだし・・・期待大・・・で鑑賞ですっ。
◆ダイハード4  公式HPへ⇒GO!!◆ダイハード4  All Cinema Onlineの詳細情報へ⇒GO!!ダイハードシリーズはとうとう四作目が封切された。あの一作目は何年前の公開だったろうか、記憶を辿るにもかなり昔に

Thanks for TrackBacks 








この記事が、お役に立ちましたら、クリックをお願い致します。
  • cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
  • cinema-daysを「FC2」で応援
  • cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援
  • cinema-daysを「blogram」で応援



TweetsWind










このエントリーをはてなブックマークに追加








申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

  逢坂 剛 著 『しのびよる月』      HOME     『すべてはその朝始まった』